2011年5月29日日曜日

最北の離島6泊7日紀行-6

滞在4日目
今日は支援業務はお休み
事前にこの日は朝から観光に行こうと、
撮影名所をリサーチしていたが、
外はあいにくの悪天候
前夜、飲みすぎたこともあり、
午前中は宿舎でのんびりすることにした
診療所で昼食をいただいた後、
職場と自宅の土産を買いにいく
お土産店には利尻昆布を使った物が、
所狭しと並んでいた
しかし、特に珍しい物があるわけではない
品種も少ないため、あまり悩まずに選べた
時間をもて余したため、今日も礼文温泉へ・・・
昼間からゆっくり温泉につかると気分が良い
入浴後は、島の隅々をドライブしてみた
・・・が、被写体になるような景色には出会えず
湯冷めしそうだったので帰路につく
ちょうど夕飯の時間だったので
事前にリサーチしていた
ラーメンが美味しいと評判の「双葉食堂」へ
塩「チャーシューめん」をいただく
あっさりしたスープはダシが効いてて美味でした
地元で採れる利尻昆布を使っているとのこと
稚内駅近くのただしょっぱいだけの塩ラーメンとは大違い
温泉でリフレッシュしたし、
お腹もいっぱいになったし、
寝るにはまだ早いので、
ビールでもいただくこととします





2 件のコメント:

  1. ともにゃん2011年5月30日 8:17

    最北の離島まで支援透析に派遣されている理由?なんかがあれば話が分かりやすいです。
    なんか、突然始まった感が強いもので・・・・よろしく♪

    返信削除
  2. ともにゃんさん

    周囲に代替施設のない僻地(島)で、技士の方がお一人で透析を回されています
    所用等で休ませたいという施設側の要請を道技士会が受け行っております。
    昨冬も来ているのですが、一昨年は別の島で技士が退職し急遽派遣したこともありました。
    今回の島は毎年の恒例行事になりそうです。

    宿舎にネット環境がなくスマホでの投稿です。
    未だに使いなれないため
    投稿に四苦八苦しております。
    顔文字が使えなくて申し訳ありません。

    返信削除