2011年5月10日火曜日

[Ubuntu11.04]無線LANの設定【備忘録】

先月、Ubuntu11.04β版をインストールした際に
無線LANが使えなくなったと書いたが、
それより程なくして5月1日に正式版の日本語 Remix CDがリリースされたので
再度、クリーンインストールに挑戦してみたが、
やはり無線LANは使用できず

症状はβ版の時と同じ
「追加のドライバ」では「Broadcom STA 無線ドライバ」は有効になっており
「このドライバは有効で現在使用中です。」と表記されているにも関わらず、
本体の無線LANインジケーターがONにならない
「ネットワークの設定」にも「無線〜」の項目が一切表示されない


日本語フォーラムに駆け込む(?)も、
GWの真只中のためか、なかなか返答がなく
数日が過ぎた本日、有用な情報をご教示いただき、
ようやく無線LANが使えるようになった

以下に手順を示す
(11.04でディスクトップ環境がGNOMEからUnityに変わって
アプリケーションや設定の場所が大幅に変更になったので、
オレみたいなド素人さんのために噛み砕いて説明します)

①右上のボタン(再起動やシャットダウンするところ) → 「システムの設定」

②「追加のドライバ」で「Broadcom STA 無線ドライバ」有効になっていることを確認
有効になっていなければ「有効にする」
(有効にする際は必ずネットワークに接続していること)

③左上のUbuntuアイコン → 「それ以外のソフト」
→ 右上の「すべてのアプリケーション」 → 「アクセサリ」 → 「端末」を起動

④$以降に以下を入力

sudo apt-get remove --purge bcmwl-kernel-source

(よくわからんが「bcmwl-kernel-source」っちゅうモノを削除するんだそうな)

このあとパスワードを聞かれるので入力

⑤続けて以下をそれぞれ$以降に入力

sudo apt-get install b43-fwcutter

sudo apt-get install b43-fwcutter firmware-b43-installer

(「Broadcom STA 無線ドライバ」に代わって「B43ドライバ」をインストール)

これで内蔵無線LANが認識されました
フォーラムでは再起動不要という回答だったのですが、
それではオレのPCの無線LANインジケータはONにならず、
念のため再起動したら認識してインジケータランプが点灯しました

あとは10.10の時に行った無線LAN設定と同じ要領で行えばOK
(「Broadcom STA 無線ドライバ」は有効にしないように!)

親切・丁寧にご回答いただいた日本語フォーラムの方々には感謝です

4 件のコメント:

  1. 私の場合、Broadcomの無線LANドライバは④のbwcwl-kernel-sourceの削除をしないで認識させています。

    返信削除
  2. Trident-Starion さん

    はじめまして!
    「bwcwl-kernel-source」は削除しなくても問題ないのでしょうか?

    まりっきりの素人で、他人のブログやフォーラムを見て、意味もわからず、コピペを基本にイジっておりますので、いろいろ教えてください。

    返信削除
  3. 私もまるっきりの素人です。パソコンつかう世代としては高年齢の世代ですよ。でも何事もトライです!!!

    返信削除
  4. Trident-Starion さん

    夢はLinuxとオープンソースのソフトを使って業務システムをタダで作ることです。
    ただ、現在の知識はまるっきりの0(ゼロ)で、何から勉強したら良いのかサッパリです。
    出来るか否かは別にして、おっしゃるとおりトライしてみようと思います。
    今後も情報交換させてください。

    返信削除