2018年11月15日木曜日

大きな波が来ているぞ!?

臨床工学技士議員連盟創設以来、
水面下では凄まじい動きがある様子!?

日本臨床工学技士連盟の理事さんの方々が、
自分らの本来の仕事もそっちのけ(?)で、
日々、奔走してくれているおかげだね(汗)

最近は、日臨工も関与を強めてきているし、
特に都臨工さんなんかは、
永田町があるからか?
連盟理事さん共々、
積極的に動いてくれているようだよ

都臨工さんのホームページ
関連する行事の告知までしてくれているし
アリガタヤ(人><)アリガタヤ

皆さんの頑張りの結果、
国会議員のおエライ先生や官僚の方々も
臨床工学技士に注目してくれているようだよ(笑)

詳しくは、連盟会員向けのFacebookページで報告されとる
Facebookページの閲覧は連盟会員限定です
これを見てると
遠くない将来、ビックウェーブを巻き起こす予感!?
楽しみだねぇ(笑)

まだ会員じゃないというあなた
一緒に活動されてみてはいかが?
(^O^)/ ゼヒィ
https://ce-renmei.gr.jp/Admission.html

2018年11月10日土曜日

体位で変わる血液検査データ

昔から言われていることで
ネタとしては今さら感いっぱいでスンマソン(汗)

皆さん、すでにご存知のことと思われるけど、
体位によって見かけ上、
ヘマトクリット(Ht)って変化するよね...

うちBV(ブラッドボリューム)計を
全台に装備してるんだけど、
透析中、臥床していた患者さんが、
いきなり座位になると
⊿BVが急激に低下するのをちょくちょく見かける
除水が殆ど無くても座位になったら下がる?(右)
電動ベッドを患者さん自ら
操作できるようにしてるんで、
皆さん、好き勝手に
寝たり(臥位)、座ったり(座位)...(苦笑)

そんでもって、
なぜか透析後半に示し合わせたように、
臥位から座位になる患者さんが多く、
急に⊿BV下限の警報設定値を超え
あちこちで警報鳴り出すもんだから、
焦っちゃうんだよね(汗)

⊿BVの低下=Htの上昇ってことなんだけど、
これってBV計だけの問題ではなく
座位前後で採血してみると
マジでHtが上昇しているんだよね...

理由は「人工透析二人会」さんのWebページに

2018年11月3日土曜日

益々、重要性を増す、医療機器のサイバーセキュリティ対策

サイバーセキュリティネタばかりでスンマソン(汗)

これ関連のことを大学で勉強しているからとか、
これ関連のライセンスを狙っている(取った)からとか、
そういう訳ではないんです...(汗)

この件に関して、
臨床工学技士に広く知っていただきたいというのは当然として、
広めなくてはならない(私的な?)事情ができてしまったもので...
(事情については、またいずれ:苦笑)

IoT医療機器への攻撃が急増!病院のサイバーセキュリティを強化する5つのステップ
デジタルトランスフォーメーションより

サイバーセキュリティリスクが世界的に高まる中、病院などの医療機関がサイバー攻撃の対象となるケースが増えている。特にインターネットに接続するIoT医療機器へのサイバー攻撃が世界的に増加している。
病院のサイバーセキュリティを強化するためにセキュリティ担当者は何をすべきか、5つのステップを紹介する。
高まる病院のサイバーセキュリティリスク
病院などの医療機関に対するサイバー攻撃が増加している。2015年頃よりMEDJACKと呼ばれる病院に対する一連のサイバー攻撃が増加し始めた。
ある調査によると、調査時から2年以内の過去に情報漏洩を経験した病院は全体の90%に達し、その原因の半分はサイバー攻撃によるものだったという。

一般的にウィルスソフトなどが利用されるパソコンと違い、病院で使われているIoT医療機器の多くには十分なセキュリティ対策が施されていない。病院のサイバーセキュリティを確保するため、担当者は何をすべきなのか。5つのポイントにまとめた。