2018年9月24日月曜日

避けては通れぬ!?医療機器のサイバーセキュリティ対策(汗)

半年前と、少々古いネタだけど、
前・総務大臣で、現・自民党サイバーセキュリティ対策本部長の
高市早苗衆議院議員が自身のコラム(ブログ)
医療機器のサイバーセキュリティについて言及されとった
水面下では、
この分野への臨床工学技士の関わりについても
なんらかの動きがある模様...注視せねば (め_め)ジッ...

医療・水道分野のサイバーセキュリティ(2018年03月08日)
早苗コラム(衆議院議員 高市早苗ブログ)より

今週の自民党サイバーセキュリティ対策本部では、「重要インフラ13分野」のうち、「医療」「水道」の分野について、所管する厚生労働省から説明を聴取し、議論をしました。

近年、医療機関において、マルウェア感染などによる個人情報や診療情報の流出に加え、診療業務に関わる業務システムが利用できなくなる被害が発生しています。
患者情報、診療履歴、保険・カード支払い情報などの個人情報が電子的に取り扱われるようになり、これらの機密情報は、攻撃者にとって価値が高く、標的とされています。

今後、医療分野では、ネットワークを介した医療情報の共有や遠隔運用の取組みが更に進み、IoTやスマートフォンから送信されるバイタルデータなどを活用したヘルスケアへの取組みも拡大していくloompaでしょう。  

私達にとって、予防医療や遠隔医療によるメリットは大きいのですが、様々なデバイスを通じて医療機器や業務システムが不正アクセスされる可能性が増加しますから、機微情報の流出や、生死に関わる重大インシデントに繋がるリスクも懸念されます。

(中略)

国内外の主なインシデント事案を紹介します。

2018年9月14日金曜日

無料のファイル復元ソフトに救われた。゚(゚´ω`゚)゚。ヨカッター

うちのメインPC、
OS起動用HDDの他に
ファイル用HDDを別途内蔵

このファイル用HDDには、
娘の小さい時からの写真や
ぷりんがうちに来てからの写真など
家族の思い出がいっぱい保存されとった...

随分前の話になるんだけど、
このPCの動作があまりにも不調に陥ったので、
OSをクリーンインストールしようとした

その際、ファイル用HDDを物理的に切り離すのを忘れ
さらに、クリーンインストールするドライブの指定を
誤ってこのファイル用HDDにしてしまい、
インストールを開始!?

途中で気づいて、キャンセル(停止)するも
時すでに遅し...orz

その後、何をどうしようと、HDDは認識されず
ファイルの存在自体も確認することができず
(┳◇┳)ガーン

どうして良いかわからず、
ググって調べてみたら、
データリカバリサービスなる
有料でHDDのデータ復元を
請け負ってくれる業者の存在を知る

しかし、よくよく調べてみると
復元率は100%ではなく、
さらに料金は、ウン十万円とかなり高額!?
(うちの1TBのHDDで30万円という概算見積もり:汗)

さすがに手が出せないので、
自己修復できる、
良さげなソフトウェアはないか探してみたら
こんなものを見つけたので、
早速、Amazonでポチッ(苦笑)
このソフトをWin10にインストールし、
消去したHDDを外付けスタンドにセットし、
イザ復元!
...が、いくら経っても終わらない
残り時間がどんどん増えていく???

PCのスペックの問題か?

残り時間が100時間を超えたところで、
諦めて強制終了 orz

...ということがあってから3年ほどの時が経ち
その間、消えてしまった思い出の写真達は諦め
ファイル用HDDをフォーマット(悲)
今は別の用途に使ってしまっていた

しかし、最近になって、ふと思い出し
Linux(Ubuntu)では、復元できないのか?と思いたち
早速、ググってみたら、ありました!

無料のファイル復元ソフト
その名も「Photorec」

2018年9月12日水曜日

大規模停電が医療機関へ与えた影響まとめ

北海道胆振東部地震の影響で
道内全ての地域が大規模な停電となり
全ての医療機関に多大な影響をもたらした

早い地域では当日中に、
遅くとも週明けには、
ほとんどの施設で電力が復旧し、
長期化せずに事なきを得た

...けど、
震源にほど近い発電所が被害を受け停止し、
代替え発電所の機能では、
平時の発電量には足りず、
20%以上の節電が呼びかけられ、
それでも不足する場合は、
計画停電の話も出ている(汗)

...まだまだ予断を許さない状況だな(汗)

今回の広域大規模停電が、
各医療機関にどのような影響を与えたのか、
メディアの記事を集めてみたので、
今後の参考にされてみてください(苦笑)


燃料確保に奔走、患者の転院準備…北海道の病院、停電に対応
読売新聞より

北海道で最大376施設に及んだ病院の停電は9日朝までに解消された。多くの医療機関が、6日未明の停電発生から、患者の命を守ろうと、懸命の努力で綱渡りの状況を切り抜けた様子が明らかになってきた。

札幌ライラック病院(札幌市豊平区)は、筋肉が 萎縮いしゅく する筋萎縮性側索硬化症(ALS)などで、人工呼吸器が欠かせない入院患者73人の対応に追われた。職員がガソリンスタンドに走り、非常用電源の燃料を確保した。

しかし、病院は24時間以上、電源を使い続けた経験がなく、状態が悪化しやすい20人をまず札幌医科大病院に搬送する準備を進めた。7日朝、患者を救急車に乗せようとしたまさにその時、電力の供給が再開されたという。

森永万佐夫事務長は「とにかく患者さんの命を守ろうと職員全員が必死だった」と振り返る。今回の経験を教訓に電源増強や電気なしで使える簡易な人工呼吸器を増やすなどの対策を検討する方針だ。

手稲いなづみ病院(同市手稲区)は、院内で必要な電力が電源で賄いきれず、人工呼吸器の患者対応を優先した。腎臓病患者46人の人工透析は後回しにせざるを得なかった。職員は「透析の患者さんに我慢してもらうしかなかった」と話す。

小樽市では、非常用電源のなかった市夜間急病センターに代わり、市立病院が夜間救急を担った。必要な医師らを確保するため、日中の外来診療を担当する人手が不足し、市民から苦情も寄せられた。

災害医療に詳しい佐々木勝・前東京都立広尾病院長は「停電が広域かつ長時間に及ぶという事態は、多くの病院にとって想定外。災害時の診療継続計画を充実させる必要がある」と指摘している。



燃料求めスタンドに車列 医療機関や物流に影響も
共同通信社より