2018年12月12日水曜日

透析装置にハッキングを試みた \_ヘ(ω`*)ポチットナ

透析用監視装置(DCS-100NX)に
ハッキング(?)を試みたという話の続き(笑)

正確には、
透析通信システム(Future Net Web+:FNW)が、
外部からの脅威に対して
どれだけ弱い(脆弱性がある)か
調べてみようと思って、
脆弱性診断とペネトレーション(侵入)テストをやってみようかと...!?
ド素人がそんなことするには、
それなりの知識が必要となるんだけど、
オレみたいなズブの素人でも扱える
簡単なツールがあるようなので、
まずはイロイロと試してみようかと...(笑)
まずは、開いてるポートのスキャン
侵入経路を調べると...!?
各端末のIPアドレスやサービス(OS)なんかはもちろんのこと、
メールサーバーやWebサーバーに使ったら
ユーザーアカウントなんかもわかっちゃう!?

次に、そのポートから入って
パスワードを調べてみると...!?
...暗号化されてるようなら、
解析することも!?
...して、
ブラックなハッカー(クラッカー)のように
擬似的にいろんな攻撃をしたり、
挙句の果に、ルート権限を奪取したりもできる!?

2018年12月8日土曜日

臨機応変にネ(苦笑)

以前、溶解装置(DAD-50NX)の
薬液ラインの劣化から過酢酸が漏れ出て、
貯液量(圧力)センサコネクタをダメにしてしまったんだけど、
漏れ出た薬液はキレイに拭き取ったつもりが、
薬液が残っていたようで、
こんなものを破壊してしまっていた(汗)
原水(透析用水)ラインのリリーフ弁...
ハウジングが割れてしまって、
ネジ込みが緩々になって、
適正な圧をかけれず、原水がダダ流れ...(汗)

排液工程で、
いつまで経ってもタンクが空にならないんものだから
溶解が一向に進まず、
透析原液を作成できない始末(汗)
これって、ハウジング交換するだけで解決なんだけど、
溶解装置の部品はストックしてませ~ん(汗)と、
わざわざメーカーを呼ぶ始末!?

オイオイオイ!

2018年11月29日木曜日

医療機器の頭の中を覗いてみたくなった(笑)

DCS-100NXの話...
その日、それまで正常に使えていたのに、
いきなり脱気ポンプがロック警報!?
ゴミでも引っ掛かったか?
それともインペラか軸が割れたか?
しかし、バラしてみたものの何の異常もなし???
試しに隣の加圧ポンプと交換してみたが、
同じ警報が出る!?

...と言うことは基板が逝っちまったか?(汗)

しかし、どの基板のどこの部品が原因だ?

基板と一口に言っても
装置の背中や...
横っちょにも...
小っちゃいのから...