2016年12月6日火曜日

新たな透析液のガイドライン!?

日本透析医学会(JSDT)の学術委員会で作成した、
「2016年版 透析液水質基準」が
日本透析医学会雑誌(49巻11号)に載ってたね

JSDTが示していた水質基準といえば
透析液水質基準と血液浄化器性能評価基準 2008のことだったけど、
生物学的汚染についての管理基準のみが、
"ざっくり"と指示されていた程度

これを基に、
「透析液水質確保加算」の申請ってするんだったよね...(苦笑)

しかし、2016年版では、
化学物質汚染についても言及され、
日臨工の「透析液清浄化ガイドライン」並み...
いやいや...それ以上に踏み込んだ内容となっておった

恐らくだけど、
今後、水質確保加算は、
こちらを基準に申請せよ!ってことなんだろうね

内容は、細やかな解説付きなので、勉強にもなるっす(笑)

...で、ざっと目を通して気になったのが...

日臨工ガイドラインでは、生菌の培養温度を
「20~25℃または30~35℃のいずれかで検出率の高い方」
なのに対して、JSDT2016年版では、「17~23℃」!?
この違いは、どう解釈するべき?

2016年12月2日金曜日

段ボールの廃棄が憂鬱になる(苦笑)

うちでは、ダイアライザや回路などの
日々、使用する材料を、1日おきに2日分を準備

...で、その際に廃棄される梱包材が、こんなに出る...(苦笑)
毎回毎回、これらの処分が、
大変手間がかかるんだよね(汗)

ダイアライザの緩衝材は...
こうやって積み重ねるくらいしかないよな...
段ボールは、一つ一つ、
固定用に貼付されたガムテープを、カッターなどで切断し、
展開してから折りたたむなどして潰して、
重ねるなどして、まとめてゴミ集積場に出している
他に楽な処分方法ないかな?(潰し方も含む)

廃棄方法は、各国で様々なようだね
面白いコラムがあったので、ご紹介(笑)


段ボールの捨て方
カルトン・コラムより

先日、ヨーロッパ各国を周り、段ボールを拾ってきました。 そちらの内容は「TRIP」のサイト上にて公開しておりますので 是非ご覧下さい。 国を回っていく中で段ボールの捨てられ方がいろいろあるなと思ったので、 過去の記憶や写真を頼りにどんな捨て方があったのか少し整理してみました。

1.PRESS AND LAYER
日本をはじめ、多くの国では基本形の「たたんで積み重ねる」という積層型の破棄方法。 よく見る方法で、一番効率的に捨てられ、かつ回収しやすい方法です。 日本ではさらに束ねるのが基本となってます。

2.BOX IN

2016年11月26日土曜日

いまさらだけど次亜塩素酸ナトリウムをおさらい

「ジア」の略称でお馴染みの
次亜塩素酸ナトリウム(NaClO)
昔の透析液配管消毒といえば、
この「ジア」(+酢酸の組合わせ)一択だったが、
最近では、様々な塩素系除菌洗浄剤が使われている

透析施設での他の使いみちといえば
器材の浸漬消毒と環境清拭くらい?

ご存じ、金属類は腐食の都合上、消毒は不可なんで、
うちでは、穿刺や返血作業時に出る
感染性廃棄物を受ける容器として使用している、
樹脂製の膿盆を...

中身を廃棄した後、
0.1%(1,000ppm)に希釈した「ジア」のバケツに
次から次へと投げ入れ、30分以上浸漬するのに使用(笑)
だけど、穿刺や返血って時間差で行われてるので、
投げ入れるのも時間差...浸漬時間も最低30分ってことで、
長いものだと2時間くらいは漬かさることも...

その間、バケツは開放状態...
0.1%だから臭いはさほど気にならないけど、
どれくらい失活(分解)してるんだろ?