2013年4月11日木曜日

透析施設開設までの道程⑩透析装置の構成

施設規模(装置台数)が決まっているとして
次は透析装置のシステム構成を検討

多人数用システムにするのか、個人用のみでいくのか
初期投資は当然、多人数用の方が高額となる
しかし、ランニングコストは多人数用の方が有利となる

特に透析液...粉末型を使用出来る多人数用システムは無駄が少ない
個人用は1Bottle使いきり
(清浄化の観点から、余った液の使い廻しはご法度なので...)

液と粉末の購入費用を薬価ベースで比較したら、
なんと!倍以上違うんだよね...
使用量では、前述したように粉末型の方が少ないので
コスト差は更に大きくなる
透析液の使用量の多いon-line HDFを行うとすると、
さらに費用は嵩んでくるはず?

下表は多人数用と個人用
また各々、HD、Bottle-HDF、on-line HDFでの
材料費と薬剤費の比較(価格は参考まで:汗)
この資料を作成していて意外だったのが
HDとon-line HDFで思ったほどの差が出なかったこと

しかも、その差は収益(診療報酬)の差で
ほぼ帳消しできることがわかった

患者単価(収益)
来年度行われる次期診療報酬改定では
HDよりon-line HDFが手厚くされるかも...なんて噂も耳にするので
今後のon-line HDFに期待大ですな(笑)

その他、多人数用と個人用では
若干、光熱水費に差が生じるのと
システム構成が違うため、装置の保守費用に大きな差が出る
保守契約(7年)費用
さて、それではどちらのシステムにするのが適当なのか?
ベッド数によって異なる...と、しか言えません
10床以下の小規模施設に多人数用システムを入れた場合、
初期投資が大きくのしかかり、後に回収するのが難しくなるため
個人用で揃えた方が適当かも...

逆に規模の大きい施設に個人用を入れてしまうと
薬剤費のみならず、手間もかかるので
人員(人件費)増も考慮し無くてはならない

参考までに12床という規模の施設で
収支のシュミレーションをしてみた
12床、患者数36名(最大)
ちなみに給与(人件)費は最低人数
医師やその他の職種の給与は入れておりません

2013/4/11 17:50
保守契約費が空白でした!?
画像差し替えました(汗)
すると意外にも、多人数用と個人用
HDとon-line HDFの間で大きな差が出なかった
規模(装置台数)を変えたり、実際の患者数を当てはめてみたら
もっと差が出るかもしれないけどね...(汗)
  • 他の施設さんにお願いされて作ったシュミレーションで、先方の要望で配置職員数は臨床工学技士を多くしております。給与費は看護師も技士も同額で計算しております...ご参考まで:汗
このくらいの規模なら、オレなら迷わず個人用のみで行くな
手間はかかるかもしれないけど、
患者さん毎で透析液を使い分けるって理想的だもんね
収支にも差がないようなので、事務方を黙らせる口実にはなるしね(笑)

4 件のコメント:

  1. 私もそう思います。

    後は、透析液原液を運ぶための肉体労働を楽にするスキル、あるいはツールを考えましょうか。

    返信削除
    返信
    1. 溶解装置と直結した原液集中配管なんて手もありますが、原液の種類分の溶解装置を揃えるとなると多人数用システムより高あがりになりそうですし、原液ラインの切り替えや洗浄の良い方法が思いつきません。
      個人用の場合、液運搬の手間よりも、朝出勤してから透析液立ち上げですから、最低でも30分の時間ロスがあることが余計ですからね…
      日本では認可されてませんが、ガンブロでB液(だったかな)だけですが、粉末入ボトルをセットして溶解〜調整までできる個人用ってのがありました(今もあるのかな?)。
      アレの応用でA、B共に溶解機能までついた個人用が作られれば良いのですが

      削除
  2. 50台以上、個人機(コンソール)でやっている施設が熊本に有ります。

    凄いですね。

    返信削除
    返信
    1. すごいですねぇ
      透析液は何種類用意しているんでしょう?国内で販売されているもの全て網羅してるんでしょうか?
      オンラインもやってるんでしょうか?
      興味津々です(笑)

      削除