2018年7月15日日曜日

パワポ指定どうにかならんかな?

学会とか研究会の発表スライドって
MS-Powepoint(パワポ)指定が当たり前...
オフィススイートって、
バカ高いMS-Officeだけじゃなく、
無料で使いやすいモノもあって、
仕事やプライベートなどの普段遣いには、
何ら支障ないんだけど、
学会発表を前提としたプレゼンを行う場合、
どうしてもパワポが必須になっちゃって、
わざわざ高い金出して
MS-Officeを購入しなきゃならんくなるよね~(怒)
アァ-(/T□T)/~¥

どうにかならんもんかな?

MS-Officeの代替で、
無料のオフィススートの代表格と言えば、
LibreofficeGoogle Apps(Google Drive)かな

双方とも基本的な機能や使い勝手は、
パワポと比べても遜色ない
(特殊な機能を求めなければね:笑)

互換性も高いということなので、
多くを求めなければ、
無料のこれらで良くね?

まずパワポでこ苦笑んなデザインのスライドを...
Googleスライドで開いてみると...
おぉ!寸分の狂いもなく表示(笑)

...で、LibreofficeのImpressだと...
背景レイアウトが崩れちゃった...(汗)

...で、こちらのパワポスライドのように
発表者名の一覧を表で作って
罫線を消してみたんだけど...
Googleスライドだと、
セル内が塗りつぶされ...
Impressだと罫線が表示されてしまった(汗)
ま、いずれも、
チャッチャと修正できる程度だけどね(苦笑)

いずれにしても、学会発表前に
修正確認のためにパワポは必要になる!?

パワポ指定のプレゼンに、
パワポなしで望むのは、些か危険かもね(汗)

PC持ち込みで、パワポ以外で作ったスライドを
直接表示させる以外方法はなさそうだね

運営側がLibreofficeとGoogle Appsを
用意してくれれば済む話なんだけどな(苦笑)

前から繰り返し豪語しとったが、
オレはWindowsが大ッキライ!

Windows10になって、
スペックの低いPCでも
しばらくは調子よく使えていたが、
Insider programの
アップグレードを繰り返していくうちに苦笑
以前のWindows同様、
重くなるわ、固まるわの繰り返し
ヾ(≧血≦;)キーッ

イライラが頂点に達したので、
仕事もプライベートも
自前のPC(3台)全てを
Linux(Ubuntu)に切り替えることを模索
基本ソフト(OS)としてのUbuntuの使い勝手は、
Windowsと比べても遜色ない

デスクトップもカスタマイズすれば
Windowsと見た目を同じにできるし...
手順はこちら
https://oompa-de-loompa.blogspot.com/2018/05/ubuntu-1804-ltswindows.html

OSも含め¥アプリは、
Windowsで使えるバカ高いソフトの代替えは、
ほぼ一通り揃っていて、全て無料...

こちらもご参照下さい
https://allabout.co.jp/gm/gc/434338/2/

セキュリティもLinux(Ubuntu)は、
WindowsやMacと比べるとウイルスに感染しにくい
理由はこちら苦笑
https://blog.codecamp.jp/linux-security

Linuxに関する初心者向けの書籍は少ないが、
ネットには情報が溢れてるんで、
サポートに不安なし
気軽に使いこなすことが可能

Linux(Ubuntu)に切り替えない理由が見当たらない
苦笑
...と、ここまでベタ褒めしまくったけど、
オレ的には唯一の不安材料がパワポなんだよね~

LinuxではMS-Officeが使えないので...
(>н<;)クッソー

これさえなければ、
オレの周りから、
Microsot製品を一掃するんだけどな
チギッテ〝ρ(*`ε´*)ゞステテヤルー

これだけのために、高い金払って、
毎年、Office365soloを導入...orz
アァ-(/T□T)/~¥

パワポ指定どうにかなりませんか?

念の為、MS-OfficeとLibreofficeの機能比較載せとくんで、
ご検討くだされ~(苦笑)

https://wiki.documentfoundation.org/Feature_Comparison:_LibreOffice_-_Microsoft_Office/ja

0 件のコメント:

コメントを投稿