スキップしてメイン コンテンツに移動

答申されたね~診療報酬改定速報(とりえず透析関連だけ:苦笑)

先日示された個別事項に点数が確定して
厚生労働大臣に答申となったね
...で、前回同様
気になる慢性維持透析だけを抜き出してみた

まずは処置料
「慢性維持透析を行った場合」が予告通り3区分となり
予告通り"施設基準"によって点数に差がついたね

施設基準って?
今回は明確に示されなかったけど、
以前の中医協で示されとった
装置台数と患者数の割合で
分けることになる模様

あれ?
オンラインHDF = 「慢性維持透析濾過(複雑なもの)」が消えてる!?
イエイエ...
上記の「慢性維持透析」の"加算"となった(+50点/回)

算定要件はほぼ変更ないようだが、
「透析液水質確保加算の水質基準を満たしていること。」と明記されているネ

...で、その「透析液水質確保加算」が、
従来の「1」、「2」が統合され、10点/回に減点(悲)

トータルではやや減点かな(苦笑)

あと6時間以上の長時間透析は、
加算という形に落ち着いたようだね
(5時間以上+150点/回)
その他、夜間・休日、導入期、障害者などの加算は増点
(導入期は他の腎代替療法の説明や実績に応じた施設基準あり)
こんなところかな...
思ったほど大きな減額がなくてなにより
例年よりもマシな方だね(苦笑)

あと、平成30年9月30日までの間に限りの
経過処置も明記されとったので注意が必要だね

詳細は、こちらを御覧ください(笑)
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000193524.pdf

今後の予定は...

点数算定の要件などの公表(官報告示)は3月上旬頃
それまでには材料費や薬価が出揃うだろうね

オレの耳に入ってきている話だと、
HDF膜で-60円
1bと2bの1.5㎡未満が±0円
他は軒並み100円以上の減額だったような
(口頭で聞いたので記憶が定かじゃないですけど:汗)

...で、これをもって、
疑義解釈及び各団体Q&Aが3月下旬になる

今回示された個別事項以外のものの点数も変わるはずなので、
暇作って、ひと通り目を通しておくとするかな(汗)

コメント

Popular Posts

効果的なテープ固定!?

今まで、このネタに触れてなかったんだな ...オレとしたことが!(苦笑) 実を言うとこの件については、 オレ的には結構、こだわるところなんだよね... こんなの使って、固定強度を検証したこともあったっけ(笑) その時の発表抄録が こちら (スライドデータ消失:汗) いきなりどうしたのかというと、 某穿刺針メーカーがこれをもって 来訪しにきたことに話は始まる... 翼付きのクランプキャス針? オレ「この翼、何のためにあるの?」 翼状針(AVF針)に比べ翼が小さいので 刺す際に掴むわけではなさそう メーカー「テープ固定するためだそうです」 オレ「???」 透析用穿刺針のテープ固定についておさらい テープの固定強度って、 皮膚や部材(針本体やチューブ)への 貼付面積と比例する 翼状針で、何も考えずに、 翼にベタッと貼ったところで、 実のところ、翼とテープが浮いた状態になり 効果的に貼りついていないことが多々ある 下記画像は正面からみたところ... 赤=皮膚へ貼り付いた部分 青=部材に貼り付いている部分 見事に浮いているよね(苦笑)

[Ubuntu 20.04 LTS]Thinkpad A485でWi-Fiが途切れる現象の対処法【備忘録】

先日、Ubuntu20.04LTSをインストール してから 1時間に1回程度、 Wi-Fiが何の前触れもなしに切断されることが...!? 設定がおかしいのか? IPv4で設定している場合、 IPv6が邪魔することがあると 書いてある記事を見つけたんで IPv6をOFFにしてみたが 何も変わらず(苦笑) スマホや他のPCは問題なく繋がっているので 間違いなくオレのPC(の無線LANカード関連)が おかしいのは明白(汗) 以前のバージョン(18.04LTS、19.10)では こんなこと起きなかったんっだけどな... まず、無線LANカードが どこの(メーカー)の何者(物)なのか調べてみる(苦笑) ①「Ctrl」+「Alt」+「T」で「端末(Terminal)」を開く ②以下を$以降に入力 lshw -C network  [Enter] ...すると、端末上にハードウェア情報が表示される どうやらオレのPCの無線LANカードは Realtekの RTL8822BE らしい Realtekのカードって悪評高くて Intel製に載せ替える人が後を立たないよう(苦笑) ま、とりあえずはドライバを入れてみて ダメなら換装するしかないか(悲) ...で、ドライバと言っても Ubuntu(Linux)には Windowsやmacのように メーカー公式のものって、ない場合がほとんど(汗) 有志の方が作って、 Lanchpad や Git なんかに 上げてくれていればラッキーなんだよね(苦笑) ...で、今回の原因となった無線LANカード... ありました!(喜) Lenovoのお膝元、中国のサイトで発見(苦笑) 早速、入れてみた ①「Ctrl」+「Alt」+「T」で「端末(Terminal)」を開く ②以下を$以降に入力 ③まずはUbuntuのシステムを更新 sudo apt update -y && sudo apt upgrade -y  [Enter] パスワード入力を求められる。 入力しても何も表示されないが、気にせず最後はEnter ④gitからドライバをインストール sudo apt install linux-headers-generic build-essential git   [Enter] git clone https://github.c

留置針の持ち方

注射針って、 おおまかに2種類に分けられるよね 1つは翼状針 注射針の根元付近に、 翼状の羽が付いていることから 持って穿刺しやすく、 羽の部分をテープで固定しやすい というメリットがある デメリットとしては、 金属針であるが故に 体動による針先の動きに注意が必要 (血管壁を傷つけたり、刺さったり...汗) もう1つは留置針 金属である内針と、柔らかい樹脂製の外筒(套)針からなり、 穿刺後に金属(内)針を引き抜くので、 最終的に柔らかい外套針のみが静脈内に留置される 点滴など、長期(長時間)にわたり留置が必要な場合は、 何度も刺して患者に痛い思いをさせずに済むし、 留置針は柔らかい外套針なので、 体動があっても血管にダメージを与えにくい 透析用穿刺針も、同様の考え方で良いと思う 一応、長時間留置だからね 透析中「動かすな!」とは言えないよね 固定も含め、ハナっから体動に対応しておかないと 苦痛でしかないからね(苦笑)

DCS-100NXに新機能!?

最近、他社製透析用監視装置から、 機能的に遅れを取っている感が否めないNK社さん(苦笑) 他社さんは、 停電時バックアップオンライン自動返血 や 逆濾過I-HDFなど チャンバ方式の利点を活かした新機能をラインナップ!? 長年、信頼性を築き上げてきた複式ポンプだけど、 そろそろ限界が見えてきたか? イヤイヤイヤ 長年、国産透析メーカーの トップブランドとして君臨してきたんだから、 そう簡単には引き下がらない...よね?(笑) オンラインHDF専用機として発売されてから、 ソコソコ年月の経ったDCS-100NX... 近年、マイナーチェンジはあったものの 目立った追加機能などなく寂しい限り(悲) ...だったんだけど、

無料のファイル復元ソフトに救われた。゚(゚´ω`゚)゚。ヨカッター

うちのメインPC、 OS起動用HDDの他に ファイル用HDDを別途内蔵 このファイル用HDDには、 娘の小さい時からの写真や ぷりんがうちに来てからの写真など 家族の思い出がいっぱい保存されとった... 随分前の話になるんだけど、 このPCの動作があまりにも不調に陥ったので、 OSをクリーンインストールしようとした その際、ファイル用HDDを物理的に切り離すのを忘れ さらに、クリーンインストールするドライブの指定を 誤ってこのファイル用HDDにしてしまい、 インストールを開始!? 途中で気づいて、キャンセル(停止)するも 時すでに遅し...orz その後、何をどうしようと、HDDは認識されず ファイルの存在自体も確認することができず (┳◇┳)ガーン どうして良いかわからず、 ググって調べてみたら、 データリカバリサービスなる 有料でHDDのデータ復元を 請け負ってくれる業者の存在を知る しかし、よくよく調べてみると 復元率は100%ではなく、 さらに料金は、ウン十万円とかなり高額!? (うちの1TBのHDDで30万円という概算見積もり:汗) さすがに手が出せないので、 自己修復できる、 良さげなソフトウェアはないか探してみたら こんなものを見つけたので、 早速、Amazonでポチッ(苦笑) このソフトをWin10にインストールし、 消去したHDDを外付けスタンドにセットし、 イザ復元! ...が、いくら経っても終わらない 残り時間がどんどん増えていく??? PCのスペックの問題か? 残り時間が100時間を超えたところで、 諦めて強制終了 orz ...ということがあってから3年ほどの時が経ち その間、消えてしまった思い出の写真達は諦め ファイル用HDDをフォーマット(悲) 今は別の用途に使ってしまっていた しかし、最近になって、ふと思い出し Linux(Ubuntu)では、復元できないのか?と思いたち 早速、ググってみたら、ありました! 無料のファイル復元ソフト その名も「Photorec」