2016年2月10日水曜日

答申されたね(苦笑)

中医協が診療報酬の改定案を答申したね
我々、臨床工学技士からしたら
大した面白みのない内容(苦笑)

心臓ペースメーカー指導管理料の
遠隔モニタリング 550点は削除され
着用型自動除細動器による管理料を算定した患者について、
遠隔モニタリングを行ったら、
月1回、11ヶ月限度で60点加算できる
...って、事かな?
透析の処置料は軒並み20点ずつダウン
患者さん1人あたり月2,600円の減収って事
出来高の「その他の場合」のみ変わらず
透析患者さんのASOの評価は、
施設基準付きで、月100点加算
ABIやSPPの検査装置、売れそうだね(笑)
先日、このブログで紹介した途中経過で触れた、
ダイアライザの機能分類の変更の件については、
この答申では言及なし

まだ、官報にも載ってないんで、
他の項目については、
これから明らかになると思われます

0 件のコメント:

コメントを投稿