2013年11月22日金曜日

ホスピタリティ (´o`)艸オ・モ・テ・ナ・シ Σ( ;)クリステル!?

今日は、旭川での前職(正確には前々職)にいた頃に立ち上げた
関連施設が集まっての年2回の研究会
今回は発起人の先生方の都合で
金曜日開催と透析施設にとっては、多忙この上ない日の開催となったが、
参加者は50名ほどと好調だった

日本透析医学会の認定施設と
その教育関連施設の集いだったのだが、
今回から門戸を広げ、
付き合いの深い関連施設も参加OK

旭川復帰で別の施設に勤めることになって
参加は諦めておったが、
うちの院長は以前、この認定施設に勤めていたこともあり
参加のお誘いが来た

気軽なお仲間達が集う敷居の低い会なので、
楽しみにしておりました

施設発表のお題は、
「ホスピタリティへの取り組み〜お・も・て・な・し〜」

何か聞き覚えのあるタイトル...(苦笑)
ホスピタリティっていう言葉も最近の流行りなのか?

透析マネジメント」などを運営している
櫻堂渉先生のブログのネタにもなっていたな

今研究会の施設発表と、このブログを拝見して思うに
いくら良いアメニティを揃えたところで、
良いサービスを作るのは結局、マンパワー...
例え少ない人数であっても、同じ志をもった者が集まって
初めて良い患者サービスができるんじゃないかと...

人員が多く確保されていても、少数の志の低い輩がいるだけで
統率は乱され、雰囲気も悪くなり、できる人間もやる気を無くし
...と、負のスパイラルに陥ることに...(汗)

特にうちなんかのような小規模の無床診療所の場合、
限られた人員しか雇い入れれないんだから、
少数精鋭を目指さねばならんので、
良い人材に来てもらえるよう、
雰囲気作りややり甲斐のある職場づくりは当然として、
経営者(院長)にも職員を大切してますよ的な
システム作り(労務関連の見直しなど)をお願いしたい次第

ちょっと脱線気味になったが(汗)
今回の施設発表で他の施設さんの現状を知ることができたので
早速、持ち帰って、
当院らしさを出した患者サービスを検討してみることにします

さて、会の後はお待ちかねの情報交換会(立食パーティ:笑)
飲むぞぉ!食うぞぉ! (*≧∇≦)ノ凵゛ヒャッホ〜!
...と、気合を入れて望んだが、
実は私用で、翌月曜日(当院は1日おき稼働なので次回透析日)
にお休みをいただいており、
技士がオレ一人なので、
休暇中の引き継ぎは院長にお願いすることに...

院長に手間をかけさすわけにはいかないので
必要最低限のことだけお願いして、
本日中に全ての準備を整えねばならない

...なので、楽しみにしていた酒宴もソコソコに、
渋々、途中退席...
ほろ酔いのまま、残務をこなし
すっかり酔いが冷めてから帰宅

寝つけに新ジャンルの缶ビールでもいただいてから
床につくこととします(苦笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿