2013年9月5日木曜日

セイフティカットの使用中止を...

透析セイフティーカット禁忌
経年劣化で医療事故の恐れ、学会声明

m3.comより
日本透析医学会理事長の水口潤氏と危機管理委員会委員長の政金生人氏は9月1日、災害時に透析の循環回路を切断する緊急離脱器具「セイフティーカット」の利用を即時中止するよう求める声明を発表した。

同製品は、血液の循環回路を切断するとともに切断端をクリップで閉じる機能を持つ。2007年に製造、販売を中止しており、3年の保証期間は過ぎている。経年劣化により「血液回路離断カッター」を保護する樹脂が摩耗してカッターがむき出しになり、血液回路を損傷する危険性がある。学会は、現在でも製品を使用している施設は、医療事故防止のため、すぐに使用を中止するよう求めている。

【関連リンク】 
「セイフティーカット」使用中止のお知らせ
これね...

緊急離脱には、使い勝手がイマイチだったから
無くてもイイかも(笑)

以前、様々な緊急離脱方法を比較したことあったけど
所定の位置にチューブを通すのがかなり手間取るし、
グリップを握る際、相当力を込めないと切断できないし、
慣れていないと使えない印象だったからね...

まだ在庫している施設さんは、
勧告に従って使用しないよう注意してくださいね

0 件のコメント:

コメントを投稿