2013年4月5日金曜日

北海道の医療従事者の現況

ローカルネタです

北海道医療計画(改訂版)」と
北海道保健統計年報(平成22年度)」が公表されたので
眺めておったら、医療従事者数が
細かく記載されていたので勝手にご紹介(笑)

第二次医療圏別の医療従事者数
(画像をクリックすると拡大します)
やはり札幌圏に集中していますね
病院などの医療施設の数も
他圏域に比べ断トツ抜きん出てますからね(苦笑)

この統計時点(平成22年10月1日)での臨床工学技士数は966.6人
現時点では恐らく1,000人を超えてることでしょう

推移を見てみると10年前と比較してほぼ倍増です
病院の数は減っているのにね...
ほとんどが診療所も含めた透析施設勤務者でしょうから
一般病院では配属されていない施設が
まだまだ多いことと思われます

市町村別の医療従事者数を見てみると
透析施設なんかあるはずの地域であっても
臨床工学技士が「0」という所がある...
調査に協力しなかった施設があるのかな?
この統計、道庁の担当部署が策定しているのだが
未だに臨床工学技「師」だなんて...(悲)
お役所ですらこうなんですから、
マイナーっぷりが明らかですね(苦笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿