2013年2月5日火曜日

酒ネタ続きで申し訳ありません(汗)

寝酒は結局良薬に非ず

QLifePro医療ニュースより
アルコールを飲むと寝つきがよく、最初はよく眠れるかもしれないが、後に睡眠が妨げられる――こんな研究結果が、「Alcoholism: Clinical & Experimental Research」オンライン版に1月22日掲載された(印刷版は4月号に掲載予定)。英ロンドン睡眠センターのIrshaad Ebrahim氏らの研究。

Ebrahim氏らは、アルコールが睡眠に及ぼす影響に関する既知の科学的研究すべてをレビュー。同氏らは今回の研究を通じて、飲酒は睡眠を改善する印象を与えるに過ぎず、「睡眠補助薬」として使用すべきでないことを人々に理解してほしいとしている。

レビューの結果、アルコールを飲むと、入眠までの時間は短縮され、最初の眠りは深まるが、急速眼球運動(レム)睡眠は減少する。レム睡眠の減少は、集中力、運動スキル、記憶にとって有害となる可能性がある。

Ebrahim氏は、「1つの仮説は、アルコールはうつ病や不安症に使用される薬剤と同様に作用するということである。うつ病患者を対象とした研究から、未治療の患者で特に夜間早期にレム睡眠が過剰になり、抗うつ薬がレム睡眠を抑制することがわかっている。アルコールは抗うつ薬のように作用し、特に夜間の最初にレム睡眠を減らす。レム睡眠に対するアルコールの影響から、飲酒に伴う気分の高揚や不安軽減の説明がつく」と述べている。
神経質なオレは、少しでも嫌なことがあると
酒なしでは眠ることができない事が多々ある 
( ̄△ ̄)ヘェ〜センサイダッタンダ

どんなに寝不足が続いても、強烈にストレスを感じた日は
朝まで眠れなかった...なんてことしょっちゅう

そんな日でも酒飲んでから布団に入ったら
即効で落ちますね  o *。(_ _))カクッ...Zzzz

確かに寝付きは良いんだけど、朝はダルい...
大した量を飲んでなくても
酒が残っているのか?と思うこともしょっちゅう
(∋ω≦)ウ〜ン...ダルッ

本当にぐっすり眠れてるのかな?

こんなアプリが入っていたので試してみた
その名も「健康生活日記
その中の睡眠ログ記録機能を使って
先週末、深酒して入眠した際の記録がコレ↓
水色のエリアがぐっすり睡眠できている時間帯らしいのだが
後半にかけて白い(ぐっすり眠れてない)時間帯が
徐々に長くなっているのがわかる...寝返りも増えてますね...

ちなみに、この日はワイン1本と
ビールが350mL×6本でも飲み足りなくて
500mL×1本を千鳥足でコンビニに買い足しに行ったっけ(苦笑)

上述の記事にもあるように
「レム睡眠の減少は、集中力、運動スキル、記憶にとって有害)
...とあるが最近、心当たりがあるな...

前投稿のビンジドリンカーの件もそうだけど
このまま飲み続けたら、本当に長生きしないかもな
...と言いつつ今晩も戴いております 凵ヽ(^∀^*)ゞモウチョットダケネ

0 件のコメント:

コメントを投稿