2012年12月1日土曜日

メラサキューム メンテナンス講習会

...に行って参りました

超古いMS-005は既に分解修理済みなので
行くだけ無駄?とも思ったのですが、
出張扱いにしてくれるということだったので
せっかくだから参加することにした
ヾ(-_-;)ジコリュウハキケンデスヨ〜
手書きの案内板が素敵でしょ(笑)
第137回って!?
いったいいつから、どのくらいの頻度でやっているのよ!
...と、思ったら全国でってことらしい(汗)
ちなみに今回参加した札幌会場は第14回目なそうな

参加者は19名
せっかくの週末を潰してまで来るとは
皆さん、真面目だこと ∑\(゚д゚#)オマエトイッショニスナ!
たかが4時間ほどの講義で
参加費¥5,000も取るとはボッタクリか? ( -"-)ケチクサイヤツ...
...と、思ったのですが
参加者全員から徴収したのは10万ほど...
それに対して泉工医科の方々は6〜7名も来ていた
人件費にもならないよね
恐らく貸し会議室代に消えるんだろうね

さて、内容はというと
実習は既に分解経験済みのオレには物足りなかった(笑)
講義で何点か気になったことが...
まず、このメラサキューム"非"特定保守管理医療機器だということ!?
法的には保守管理の縛りがないということか?
安全のためにはやっておくべきですけどね

それとウォーターシールの水
普通、蒸留水入れますよね?
でも、これって何でだろう?と、思っていた
生理食塩液でも良いんじゃない?と...

なんでも、看護師向けの書籍に
「生食か蒸留水で」と書いてあるものが多々あるらしい

泉工医科さん曰く、生食を使用するのは
「メラサキュームは内部が錆びるからNG」とのこと

そう言えば以前、分解したうちのサキューム、
金属部分が結構錆びてたな...
古いから仕方ないと高括っていたが、まさか生食使っているんじゃ...
週明けに確かめてみるとします

12 件のコメント:

  1. 講習会のご参加ありがとうございました!
    やはり5000円は高いですかね!

    返信削除
    返信
    1. お世話になりました
      講義されていた方ですか?

      実は来週、人工呼吸器の研修も受講予定で、
      そちらは丸一日で¥10,000ですから妥当なんでしょうね
      当院は幸いにも出張扱いで、
      参加費用も出してくれますので、
      気軽に出席できますが、
      他の施設さんはそうはいかないのでは?
      特に若い方は薄給ですから...(苦笑)

      それよりも出張研修なんてできないのでしょうか?
      御社にしてみれば手間でしょうが、
      どの施設でも満遍なく行えるものと考えますが...

      削除
  2. このコメントはブログの管理者によって削除されました。

    返信削除
    返信
    1. こんなところで質問は恐縮なのですが、
      なぜ、エアポンプの構造や分解・組立は教えないのですか?
      内部の部品点数も少ないですし、
      ポンプ自体の故障も部品供給さえしていただければ対応できるものと考えますが...
      まさかポンプ自体のAssy交換推奨とか?

      削除
  3. このコメントはブログの管理者によって削除されました。

    返信削除
    返信
    1. 厳しいでしょうか?
      耐用期間...法的なことは理解しております
      耐用期間以降は保証しませんと(遠回しに)言っているメーカーが多々ありますよね
      医療機関では実際に期間を超えて使用している現実があるのはご理解いただけてますでしょうか?
      販売終了から10年ほどで部品供給もしないという業界ルール?PL法?ユーザーのことは無視されているようで腹立たしい限りです
      我々(臨床工学技士)が何のために存在するのか...ご理解いただけますでしょうか?
      病院経営側の都合と業界の都合の間で苦労しております

      匿名の投稿と思ってますので建前は不要ですよ
      実際には建前とは別に対応してくれているメーカーさんも少なくありません
      このようなメーカーさんは私、個人的には贔屓にしたくなりますね(それ以外のメーカーにはかなり冷たいですよ:笑)

      ちなみにテキストには掲載されていましたが、講義・説明は一切ございませんでしたよ

      削除
  4. このコメントはブログの管理者によって削除されました。

    返信削除
    返信
    1. このコメントはブログの管理者によって削除されました。

      削除
  5. 至らないだなんて...最初から御社の方針でエアポンプはイジるなと、言っているものだと思ってました
    買い替えを促すという話も、一営利企業なら当然かも知れれませんが、
    ユーザーとしては尚更、保守に金をかけられない実情もございます
    臨床工学技士が常駐しているならば、内部でお金をかけず処理する...そのための研修だと考えている医療機関が多いこともご理解ください
    それと、ほとんどの参加者は、講師のレベルにそれほど期待はしてませんよ
    本心は研修の修了書をいただく...つまり内部処理できる許可を御社にいただきに行くことが目的ですから
    本当の意味で勉強したいなら、他の方法もありますからね
    身も蓋もない話で申し訳ありません(苦笑)

    返信削除
    返信
    1. どうだって良いとは思ってませんよ
      必要な技士もいることでしょう
      ただし、基礎知識もないまま研修に参加すること自体ナンセンスでは?
      患者の生命を預かる者が、中途半端なまま当該機器をバラして部品交換?
      怖い話ですね

      機会があれば、きちんとした場所で直接お会いしてお話できたら良いですね

      ちなみに御社のような方針のメーカーが圧倒的多数ですので気になさらないことです
      我々は、勤務施設の責任でそれ以上のことをするか否かを決めて行動するだけですから
      そのためにも、どんな形であれ知識と技術の修得は必要ですよね?
      この度の御社の研修だけで、何でもできるようになったと思っている輩いるとしたら恐ろしいことですがね

      削除
  6. このコメントはブログの管理者によって削除されました。

    返信削除
  7. Masaya Fujiki様並びに泉工医科工業様

    ご依頼のあったコメントの削除をさせて頂きました。

    私の意見は全ての医療者の意見を反映しているわけではなく、
    あくまでも一個人の見解として述べさせていただいたことで、
    それに対してメーカーの立場からご意見をいただいたやり取りに対して、
    何が問題であったのかは?ですが...

    投稿者の立っての希望でしたので削除しますが、
    先日、担当営業の方が来られて苦言を呈されていたので、
    御社の公式な削除依頼ととらせていただきます。

    返信削除