2012年11月23日金曜日

多忙な三連休 - 1日目

三連休は皆様、いかがお過ごしでしたでしょうか?
急に冷え込んできたので、
外に遊びに出るのは、いささか気が引ることでしょう

北海道は本格的な冬到来
赴任先にほど近いスキーのメッカ・ニセコでは
シーズンがスタートした模様

赴任先は海沿いの温暖な地域なので
まだこんな感じ
(画像の山の奥がニセコになります)

同じ北海道でも、
峠道や自宅のある旭川は積雪があり路面がツルツル
ホッカイドウハデッカイドウ!( ̄0 ̄)゛Σ(゚ロ゚ノ)ノゲッ

せっかくの連休だが、帰るのは気が引ける
しかし、この度は帰らねばならない使命が...

娘の習い事のひとつバトントワリングの成果を
二年に一度、観てもらう発表会が土曜日に行われる

その前日の金曜日は総練習で
早朝から夜遅くまで会場入りすることになるという
それにカミさんも付き添うため
家のことが何もできず、オレにヘルプを求めてきたため
木曜日の夜から冬道を車で帰宅することに...

道央圏は意外と積雪が少なくて走り易かったが
深川市から旭川に入った途端
急に車がテールスライド! ∑(◎Σ○; ウオッ!!!
道路が急にブラックアイスバーンに変わった
まったく別世界の様相
無事たどり着いたが
翌朝、外に出てみると一面銀世界
この日の最高気温は0℃ {{(>_<;)}}ブルッ
こんな日は冬大好き、雪大好きのぷりんの出番
久々の長~い散歩に行ってあげた

「ん~っ、これだよな~」と、黄昏るぷぅちゃん
深雪を飛び跳ねながら走りまくる
休憩も雪の中
こんな散歩を1回1時間半×2回も行って来た(汗)

しかし、旭川の本格的な冬はこんなものではありません
腰くらいまで雪は積もるし、
気温は-20℃まで下がります
毎年、娘と大きな雪だるまや雪山を拵えるが、
今はこれが限界
さて、総練習で遅くなる娘とカミさんのために
晩御飯の準備に取りかかる
一人暮らしで養った(?)料理の腕を振る舞うことに...
...とは言っても、ただの鍋ですがね(笑)

オレの亡き父親は秋田県の米農家の放蕩息子
父親が死んだ後も、毎年実家から
新米の「あきたこまち」を大量に送ってくれる

この米を使った鍋料理で有名なのは「きりたんぽ」
しかし、炭火で炙るのが面倒
...と、言う方には「だまこもち」がオススメ
「あきたこまち」のように粘り気の強い米で炊いたご飯を
米粒がわからなくなるくらい潰して
団子状に丸めるだけ
塩水を手に付けながら丸めると
表面にテカリがでて、美味しそうに見えます

これを鶏モモや豆腐、野菜とともに鍋でいただく
簡単でしょ?

本来、秋田名物「しょっつる(魚醤)」がベースの汁を使うのだが
「しょっつる」が手に入らない時は、
鶏ガラと魚介系の出汁を合わせて
薄口醤油で味を整えると美味しいですよ~
「だまこもち」は粒を残さず、
粘り気が出るまで潰してから、
しっかり丸めると煮崩れしないので、
出汁の味が染みるまで煮込めて美味です

疲労困憊で帰宅した娘とカミさんは大喜びでした
この日は、これを肴に一杯頂いたのはオレだけ
お二人さんは食後、バタンキュー...
たくさん散歩に行ったぷりんもバタンキューでした(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿