2012年9月19日水曜日

エッ!?電源切ったって?

看護師書類送検:人工呼吸器止まり患者死亡 小平の病院

毎日.jpより
 独立行政法人「国立精神・神経医療研究センター病院」(東京都小平市)で今年6月、筋ジストロフィーで入院していた女性患者(38)の人工呼吸器が止まって死亡する事故があり、警視庁捜査1課と小平署は18日、同病院の男性看護師(37)を業務上過失致死容疑で書類送検したと明らかにした。

送検容疑は6月12日正午過ぎ、女性のたんを吸引するため人工呼吸器の電源を停止し、その後、電源を入れ忘れたとしている。

面会に訪れた介護士が女性の異変に気づいて職員に伝えたが、女性は同日午後3時ごろ、窒息による死亡が確認された。同日中に同病院が小平署に届け出た。

同課などによると、看護師は当初は容疑を認めていたが、その後「電源を切っていない」と否認に転じたという。

糸山泰人院長は記者会見し、「あってはならないことで誠に申し訳ない」と頭を下げた。病院の調査に対し、看護師は「記憶がはっきりしない」と説明しているという。同病院は外部委員も含めた事故調査委員会を設置し、月内にも改善策などを報告書にまとめる予定。
...ちょっと待ってください
痰吸引でわざわざ電源は切らないでしょ?

本人も否定している通り、
原因は"電源"以外の別のところにあるんじゃないでしょうか?

マスコミや警察も医療は素人ですから、
こういう言い回しになっているのか?と思う次第です
続報が待たれるところ...

0 件のコメント:

コメントを投稿