2011年4月25日月曜日

皆さんの手はきれいですか?

生物由来の汚れに含まれるATP(アデノシン三リン酸)を
迅速・簡便に測定できる「ルミテスターPD-20」をお借りした


測定は至って簡単
綿棒で拭きとって試薬と反応させるだけ
試薬の発光量を測定し数値化するというもの
測定単位はRLU(Relative Light Unit)

短期デモということで試薬はたったの10本だけ
有用なデータを得るほど試すことは無理っぽい
とりあえず気になる汚染されているであろう箇所を
拭きまくってみることに・・・

まずは試しに部下くんの手
あまりきれいそうでないので念入りに洗ってから拭ってみた(①)


次は部下くんの毛むくじゃらの腕
普段、患者さんのシャント肢の洗浄を指導している都合上
効果の程を確認するため洗浄前(②)と洗浄後(③)で測定
特に毛の部分を重点的に拭ってみた(笑)


一番気になっていたのは透析液カプラ
うちでは日機装のクリーンカプラ(配管洗浄時Oリングも洗浄されるタイプ)を使用
週1回酸と歯ブラシを使って念入りに洗浄を行っているが、
果たして本当にきれいに保たれているのか?
洗浄から1週間目のカプラのOリングを拭ってみた(④)


ついでにカプラジョイント(バイパスコネクタ)も拭ってみた(⑤)
こちらのOリングは配管洗浄時に洗浄されていない(ハズ・・・)


次はDCG-03のサンプリングポート
on-line HDFの置換液の取出口に使用している
内側(⑥)と外側(⑦)を拭ってみた



最後にスタッフが最も触れる箇所、患者監視装置のタッチパネル
普段は「ソフライト除菌(第4級アンモニウム塩含浸不織布)」で清拭
清拭前(⑧)と後(⑨)で拭ってみた


メーカー推奨の管理基準値


他社の測定器で測った清掃前の便座が3890±4954RLUという測定結果を
日本環境感染学会の抄録で発見

果たして結果は・・・

何と!部下くんの毛むくじゃらの腕が便座より汚いという結果が・・・
洗浄後でも管理基準値を下回らなかった
手の平も手洗い後にも関わらず管理基準ギリギリ
強く拭いすぎたか?

カプラは1週間洗浄しなくても内視鏡の管理基準を大きく下回った
クリーンカプラの効果が現れているようだ

タッチパネルはソフライトの清拭後で大きく低下
水拭きのみだと、どのような結果になったであろう?
残念ながら戴いた試薬が少なく検証はこれで終了

各箇所一度ずつしか検査していないので、
あくまでも参考値だが、面白い結果が出たと思う

価格も手頃なので購入申請出してみようかな
他に液体などの試料からATPを高感度に測定できる
ルミテスターC-110」なるものも発売されている
透析液水質管理に使えないものだろうか?
今度、試してみることとします

5 件のコメント:

  1. いやぁ~、我が社の製品の宣伝有難うございます。うちは母体の製品にも関わらず使用していません。恐らく、スタッフもこんな商品出してるのすらしらないと思います。。。

    返信削除
  2. Papa@Home さん

    ・・・と、いうことは、千葉県の総合病院さんですよネ?
    あの規模でお一人は大変そうですね。
    賞与が現物支給で"醤油"なんてことはないですよネ(笑)

    最近は食品衛生で培ったノウハウを医療現場に持ち込むことが多くなってきましたね。
    キッコーマンさんにも頑張って医療現場のニーズに沿った良い物を出していただける事を期待しております。

    返信削除
  3. 132床と小さいのですが、LANケーブル作成・ペンキ塗り・プリンタのインク交換など医療機器どころか電化製品や設備の事などもその都度連絡してくるのでイライラします。
    実際MEの仕事は大してないのですが・・・

    賞味期限2ヶ月前とかの醤油や、グループのデルモンテ製品なんかは貰えたり、廉売とかはありますよ。
    流石に蛇口ひねっても醤油はでません!

    返信削除
  4. Papa@Home さん

    我々は何でも屋と勘違いされがちですよね(苦笑)
    私のところでは、雑務を一貫して拒否していたら、事務方と度々モメる始末

    上役へのご贈答は他社の製品が好まれるのでは?
    今年のお中元は御社(?)製品で検討してみますネ(笑)

    返信削除
  5. あはは(笑)
    お歳暮もお願いしますね!

    返信削除