2010年7月5日月曜日

今後のon-line HDF

この話題で他の方のブログにコメントしておいて、
自分では何も書かないのはどうかと思ったので、
とりあえず現状での当院の考えを投稿するとします

当院は患者監視装置26台全台でon-line HDF施行可能
うち25台は既存の患者監視装置に別付けの補液ポンプを使用
残りの1台は最近認可されたon-line HDF対応機

今まではお国(厚労省)も薬事法上違法性のあるon-line HDF自体を
公には認めていなかったので、実体を調べることすらしてこなかった
「違法なんですから、そんなことしているわけないですよね~?」ってな感じかな…

だから、殆どの施設では表向きは内緒で各施設の責任の下、
診療報酬としてon-line HDFの請求ができるわけでもないのに、
しかも持ち出しで(損をしてまで)、清浄化や違法性に関するリスクを冒してまでも
"患者のため"という善意の思いだけで行って来た経緯がある

このような施設は診療報酬上認めてもらうためではなく、
"治療"として認めてもらうだけで良かったはず
それが厳しい施設基準を言い渡されたとしても…(オレの勝手な考えですが)

しかし、先日「日本透析医会」のHPで示された4条件を見る限り、
on-line HDFは限られた(適応の)患者に対して、
認められた設備(専用装置)と方法(ダイアライザではなくヘモダイアフィルタ)を
用いて行った場合に限り診療報酬上認めますよ!と言った内容

適応疾患以外は請求できないのはもちろんだが、
認可された専用装置以外の装置で行った場合や
ヘモダイアフィルタではないダイアライザを使用した場合など
on-line HDF(に類似したこと)をやっておいて
"on-line HDF"はもちろんのこと"HD"として請求しても不正請求だよ!
と言っているようにも聞こえる(読み手の解釈次第だが…)

専用装置を増やしてもらうよう上層部にお願いしたが、
話が急すぎてもちろん予算が確保できるわけもなく、
今後の検討事項として前向きに考えるという回答のみ

担当医とも相談し、レセプト返戻の噂まで立っている以上、
違法性のリスクを冒してまでやるメリットはないので、
専用装置で"合法"な方法で最低限必要な患者にのみ行いながら、
世の中の動向を見極めようということになった

当院では現在十数名の患者がon-line HDFを行っている
うちアミロイド症や透析困難症などの適応疾患はほんの2~3名
残りはADLが良好で活動的な患者を対象に合併症予防と称して行っている
この診療報酬上適応のない患者に関して、今後止める方向で考えているが、
止める理由の説明と止めた後の条件をどうするかが悩みどころ

高効率のHDでon-line HDF並の効果が期待できる方法を模索するとします

2 件のコメント:

  1. Which came first? chicken or the egg

    返信削除
  2. HDF (Medium-density fiberboard) is a wood fiber board to made with fine wood fibers. The board is homogeneous through and through, has a particular dense, surface which is harder than MDF board. Due to its flatness and excellent treatment possibilities HDF board can be cut, drilled, painted or processed in other ways. About HDF we found good information by blog posting so i like this blog today.
    Thanks & Regards
    HDF & Pine

    返信削除