2018年2月28日水曜日

個人発信のウェブ情報は疑いの目で ジトーッ(¬¬)アヤシィ

ブログ(Blog)
狭義には...覚え書きや論評などを加えて記録(ログ)しているウェブサイトの一種。「WebをLogする」という意味でウェブログ (weblog) と名付けられ、それが略されてブログ(Blog)と呼ばれるようになった。(Wikipediaより)
ブログの黎明期~創成期は、
ウェブ上に日記を書く...ということで話題になったよネ

広義には...作者の個人的な体験や日記、特定のトピックに関する必ずしもウェブに限定されない話題などのような、時系列で比較的頻繁に記録される情報についてのウェブサイト全般を含めて呼称したり、このようなウェブサイトの作成機能を提供するソフトウェアやサービスなどを指して呼ぶ場合もある。(Wikipediaより)
企業や団体が運営する「ブログメディア」のみならず
個人もブログやウェブサイトで
情報発信するのは当たり前の時代となった昨今、
気軽に日記感覚で情報発信している個人のブログの場合、
その情報に対して法的には責任がない
(他者の個人情報発信や誹謗中傷などは除く)ため、
覧る側には信憑性に疑問をもって
閲覧することをオススメしたい
ジトーッ(¬¬)アヤシィ

アフィリエイトに力を入れているブロガーも多く
アクセス数を稼ごうと、
ブログページのデザインに力を入れ、
本格的なウェブページさながらに公開している方もいるので
覧る側は、企業や団体のブログと同レベルと勘違いし、
情報の信憑性も同等であると誤認して
閲覧しているように感じる

DeNAが運営する医療系サイト「WELQ(ウェルク)」が
不正確な記事や著作権無視の転用が見つかり、
一昨年、休止に追い込まれた...という報道は記憶に新しい
http://www.yomiuri.co.jp/science/goshinjyutsu/20161212-OYT8T50096.html

この件の問題の一つに、

"自称"医療者など
個人が発信しているブログや掲示板などから
信憑性の低い情報をかき集めて
まとめサイトとして公表していた..ということがあった

この件を踏まえてなのか?関連してか?
Googleが、サーチエンジンのアルゴリズムを見直し
医療に関わる検索結果の上位に、
信憑性の低い個人のブログやウェブサイトが
表示されないようにた...と!?
https://www.buzzfeed.com/jp/seiichirokuchiki/google-update-02?utm_term=.tygJMzEZN#.uc834aejE

以前は「臨床工学技士 ブログ」で検索したら、
このブログは必ず上位に表示されとったけど
最近、このワードで検索かけると、
養成校のブログばかり...
オレのブログはずっと下の方に追いやられた(悲)
サヨーナラー(ToT)/~~
前述の記事のアルゴリスム変更の時期と重なる
昨年12月上旬頃から急激にPVが激減してるし...(汗)
オ~チ~ル~/(_~_|||)\ナムナム
そもそも、最近は面白いネタもなく、
更新期間が延びているせいもあるんだろうけどね(苦笑)

この話はさておき... 
ソレハ\(-_\)(/_-)/コッチニオイトイテ

ブログの投稿内容(ネタ・スレ)って...
  1. 他の記事を漠然と引用
  2. 引用記事や製品に関しての感想・論評
  3. 日常など自分の身の回りの紹介(日記)
...に大きく分けられる

医療系のブログでは、
上記「2」の中にあって、
「医療」という生命にも直結する
シビアなネタを扱うことになる

発信している輩は、ほとんどが匿名のため、
"自称"専門職の「プロ」

つまり覧る側からしたら、
専門の有識者が発信しているのだから
信憑性が高い...
つまり、簡単に信用してしまうということ!?

同業者のブログでもそう

扱うネタや文章の書き方から推測するに
恐らく業界では名のある方に違いない!
...な~んて、勝手に信用しちゃってるんだろうな(苦笑)

同じ臨床工学技士のブログを眺めていても
明らかに間違っていたり、
エビデンスの低い都市伝説的なネタを
あたかも当たり前のように発信している方もいる

...でも、そのネタに関して、
「間違っていたら教えてください」くらい謙虚で
「皆さんは、どう思いますか?」と議論を促すような内容なら
これはこれで良いと思う

...けど、
中には、時代遅れの教科書丸写しや
都市伝説をそのままネタにした挙句、
「教えてやるぜ!」的な態度の輩もいて、
そういうブログに限って
人気になっている現状に不安を覚える(苦笑)

お前のブログだって似たようなものじゃねぇか!って?
∑\(゚д゚#)ヒトノコトイエンダロ!

イヤイヤイヤ(汗)
オレのは、ただの日記であって、
自身の備忘録のつもりなんだよね~(苦笑)
イエイエ(ヾノ・∀・`)ソンナダイゾレタモンジャナイッスヨ

だって、こんな記事や...
こんな記事も書いてるんだよ!
ネ、日記でしょ?(笑)

一応、医療ネタに関しては
間接的には、素性も明らかにしているし、
コメント欄やSNSは公開にして、
「間違ってたら遠慮なくご指摘願います!」と
謙虚な気持ちでやっているつもりでおります(笑)

発信元の信憑性が低いのは
何もブログのみならず、
昨今の報道記事もそう...

最近のマス"ゴミ"は「報道しない権利」とか言って、
自らの仕事を放棄するような事言いながら、
イザという時は捏造報道印象報道
逃げているからな(怒)

...なので、
覧る側の方も、漠然と眺めて何でも信用せず、
まずは疑ってかかるところから入り、
ある程度は勉強して、
正誤判断できるスキル(= リテラシー)を身につけましょう!
ジトーッ(¬¬)アヤシィ

リテラシー
原義では「読解記述力」を指し、転じて現代では「(何らかのカタチで表現されたものを)適切に理解・解釈・分析し、改めて記述・表現する」という意味に使われるようになり(後述)、日本語の「識字率」と同じ意味で用いられている。(Wikipediaより)

情報リテラシー
情報 (information)と識字 (literacy) を合わせた言葉で、情報を自己の目的に適合するように使用できる能力のことである。「情報活用能力」や「情報活用力」、「情報を使いこなす力」とも表現する。したがって情報リテラシーとは、情報を主体的に選択、収集、活用、編集、発信する能力と同時に、情報機器を使って論理的に考える能力が含まれている。(Wikipediaより)
このブログ、何か変だぞ...と感じたときには、
遠慮なくコメント下さいまし~ <(_ _;)>

SNS(Facebook、Twitter、LINKDIN、Tumblr、はてなブログ、mixi)でもお待ちいたしております
(〃⌒o⌒〃)/ゼヒーッ

0 件のコメント:

コメントを投稿