2016年9月17日土曜日

過酢酸一剤で1年やってみて

うちの配管洗浄・消毒は、これ一剤のみ
他の洗浄剤や塩素系消毒液は使用しておりません
濃度や工程は以下のとおり
水洗30分、過酢酸洗浄30分、そのまま翌朝まで貯留して水洗...
シンプルでしょ?
ROはタンク以降を週1回
モジュールの集水管以降を月1回

この時、ROタンク内の過酢酸を
溶解装置、供給装置の
給水配管や水計量シリンダなどにも
手動で引っ張ってやって
未消毒部分も綺麗にしてあげている(つもり)

定期的に試験紙とpH計で、
末端まで有効濃度が到達しているか、
水洗浄後に残留がないかを確認

...で、末端まで綺麗か否かの確認は、
各ベッドサイド装置の排液配管を目視で確認
この際は、これが大活躍(笑)
スネークカメラ~(≡ ̄♀ ̄≡)/ シャ-~>゜)~~~
ついでにルミテスターでも拭ってみたりして(笑)
...で、一年継続使用した結果がこれ
排水配管は、新品同様に綺麗...ATPも5RLUと低値
...で、せっかく一年経過したので、
ROタンクの中も覗いてみた...紫外線殺菌灯の交換ついでにね(笑)
まずは、コンデジで撮影
見た目にはピッカピカだね(笑)
...で、内視鏡スコープ(スネークカメラ)で
タンク内壁を真近から見ても綺麗だった(笑)
さすがにタンク内に手は入らなかったので、
ATP拭き取り試験は断念

供給装置や溶解装置の透明な塩ビ配管など、
内側が確認できるモノを目視で見る限りは、
汚れは見受けられなかった

今度、水計量シリンダでもバラして確認してみるかな!?
比較してみたいんで新品の手配お願いしまっすね...日機装さん(笑)

...で、なんでわざわざ、こんなにも綺麗に
報告書形式でまとめているの?と思われたことでしょう!?

実はこれ全部、過酢酸メーカーの担当者さんに
定期的にご訪問頂き、点検してもらって、
いただいた報告書なんだよね~(汗)

装置が新品の時から、
過酢酸一剤でやっている施設は珍しいとのことで、
進んでご協力いただいている次第

内視鏡スコープ(スネークカメラ)も、
当院で安く入手したことを教えてあげたら、
速攻で購入するという気合の入れよう(笑)

楽して検証させてもらってるわけだけど、
これからもよろしくお願いしますねぇ
ハ、ハイィ(;´Д`;) (▼▼メ)y~~タノンダゾ

0 件のコメント:

コメントを投稿