2015年12月15日火曜日

"推定"血流量モニタ!?

血液透析中の脱血が
設定血流量どおり取れているか否かは、
一般的にピローの膨らみ加減を
指で挟んで確認しているよね
当院のピローはD-FAS用なのでチョット変わった形(笑)
...では、どの程度膨らんでいれば、
設定どおり流れてるの?

血液ポンプはローラーで間欠的にシゴいてるんで
血流は拍動流...だから、ピローが拍動するのは当然?

拍動 = 潰れかけたり膨らんだり...
つまり陰圧と陽圧(平圧)を繰り返しているってこと...

陰圧の(潰れている)時は
血流が不足してるってことだよね?

じゃあ、常にパンパンじゃなきゃダメ?
太っい針使ってたって、常時パンパンってのに、
なかなかお目にかかれないよね(苦笑)

確認する人によって感覚が違うんで、
ピローだけで脱血の良し悪しを測ろうなんて
そもそも無理があるんだよね(苦笑)

常時、実血流量が測れれば良いんだけど、
外付けで嵩張る上に高価な機器を
全透析装置台数分揃えるのは現実的ではない
ニプロ社 超音波血流計 透析モニタHD02
もっと安価で手軽に
且つ正確に測れるものってないのかな?

ありました!

日機装社DCS-100NXに
最近、新たにオプション追加されたアイテム
その名も「"推定"血流量モニタ」

ん?推定?
"実"血流量ではないの?

どんなものかと言うと、
血液ポンプセグメント部のチューブクランプ部(赤)で
しごき部の回路の膨縮を見るというもの
チューブクランプのバネ下の内蔵センサで感知し、
監視装置のモニタにリアルタイムに
推定血流量を表示...もちろんグラフ化もしてくれる

お値段も、ハードだけなら数万円だそうな w(゚o゚)wヤスッ
(別途、ソフトウェアのバージョンアップが必要)

この推定血流量モニタは、
あくまでも、ピローを触って確認していた脱血状態を
数値化することを目的としている

これがあったらピローいらないね

...で、早速デモしてもらうことに(笑)
┐(-"- )┌スグアタラシイモノニトビツクヨナ

せっかくだから
ニプロ社のHD02のような超音波実血流量計と
精度の比較をしてみたいな

ニプロさんにお願いしたら、
人気なんでデモ機の都合がつかんと!?
チェッ!(´┬з┬`)θ ⌒ ・

...だったのだが、
ネバって交渉したら、短期間なら貸出しOKとのこと!
後日、手配していただけることになった 
人(~ ~)アリガタヤアリガタヤ

詳細は後日、報告しまっす!

0 件のコメント:

コメントを投稿