2015年10月1日木曜日

これも内視鏡業務?(笑)

新クリニックでは、
いろいろと買ってもらったんだけど、
なかなかイジる暇がない(汗)

他のスタッフが帰った後に居残りして
少しずつイジってみることにした

まずはこれから
工業用の内視鏡的なカメラ(笑)
長さは90cmと短めなんだけど...
いろいろと曲げたり...
かなりフレキシブルに形を変えられる
先端のレンズ部にはLEDライト付
モニタを見ながら写真のみならず動画も撮影できる
これだけできて9千円ほどと、
かなりのお値打ち品(笑)

...で、こんなもん買って何するの...って?

新クリでは、透析液配管の洗浄消毒を
塩素系消毒剤をまるっきり使わずに
過酢酸1剤で行ってみることにした
洗浄効果は他薬剤に比べたらかなり良いだとか、
バイオフィルム等の除去効果が良すぎて、
綺麗に剥がされた残骸的なものが、
電磁弁なんかに付着して動作不良を起こすだとか、
殺菌・静菌効果は高いが、毒性が強いとか、
イヤイヤ、逆に塩素系消毒剤より安全だとか...

巷じゃ、良くも悪くも、
イロイロと言われているようだが、
試してみる価値はあると思うんだよね

ホントは営業の方のゴリ押しに負けたんだけどね(汗)

これ1剤では、あまりよい結果が出ず、
塩素系消毒剤の併用を余儀なくされた時点で
他の薬剤に変更することと、
長期的な検証に協力することを約束に
装置や配管が新品の段階から使ってみることにした

...で、配管など流路の状態を
確認するためのツールとして
このSNAKE-12を購入した次第

ちなみに、ROタンクの消毒にも過酢酸を使用
...なので、ROタンク内も覗いてみることにした
タンク上部のエアフィルタを取っ払って、イザ!
...と、思ったら途中、こんなものが邪魔を!?
少々苦労して、こいつも外して、イザ!タンク内へ

ここは一体どのあたり?

LEDライトの光が届きにくく、イマイチ暗いので、
近づけてみると、今度はピントが合いにくい...
でも、何とな〜く、綺麗なような気がする?(汗)

次は、過酢酸のみを使っていると、
除去された蛋白などが溜まって
よく詰まると言われている、
排水配管を覗いてみた
まずはシリコンホース内
ぼんやりしていて、よくわかんないけど、
綺麗...だと思う(苦笑)

次は排水配管内
まだ、使い始めて2週間ほどだから、
当然、綺麗だよね
本管への落ち込み部分
チョット、ピンぼけが...(汗)

医療用の内視鏡なら、手元で操作できて楽なんだろうな...
お値段が段違いだし、
こんなことに使ったら怒られてしまうよね(苦笑)

使いこなすには、少々テクニックが必要なようなので、
しばらく遊んで慣れらすとします(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿