2014年7月24日木曜日

UbuntuでLINEをやってみた

スマホで大人気の「LINE」

バッテリの持ちが悪くなったり、
アカウント乗っ取りが横行したり、
いじめの温床になったり、
正直、良いイメージないんだよね... (・ω・`)チョットシンパイ

だから、スマホにインストールはしていたけど、
ほとんど使ってはいなかった

...が、最近になってカミさんが
職場の方との連絡ツールとして
(...と言うよりも愚痴を言い合うために)
LINEを始めたいから教えろと... (*・`н・)ナンデオレガ...

オレ自身も使ってみないと教えられないので、
仕方なく、カミさんとの連絡をメールからLINEに切り替えて
人並み程度に使うこととした ┐( -"-)┌ケッキョクイイナリカ

使うようになって初めて知ったんだけど、
LINEってパソコンでもできるんだね... (゚◇゚)シラナカッタノ?
Windows-PCで試してみたけど、
あまり実用的ではないような...

でも職場のPC(Ubuntu)に入れれば、
仕事中に堂々とスマホをイジるよりは、目立たなくて良いかも...
オイッヾ(゚ロ゚;)ソレハヤバイダロ!

冗談はさておき...(汗)
Windowsで使えて、Ubuntuで使えないのは悔しいので調べてみました

まずはUbuntu(Linux)でWindowsアプリを動かすことができる
「Wine」というエミュレーターアプリをインストール

端末の$以降に以下を一行ずつ入力ごとにENTER


sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-wine/ppa
(パスワードを聞かれるので入力しENTER
入力したパスワードは表示されないが、ご心配なく・・・ちゃんと入力されてます)

sudo apt-get update

sudo apt-get install wine


これでWineのインストール完了!

次にLINEのダウンロードページからWindows版をダウンロード

「LineInst.exe」というファイルがダウンロードされるので、
右クリック→「Wine Windowsプログラムローダー」をクリック
すると、Win版と同様のインストール画面が起動
あとは指示通りクリックしていけばOK
インストールが完了すると、ディスクトップにアイコンが表示
これをクリックするとログイン画面へ

そしてログイン画面...
これもWin版同様、メアドとパスワード入れてログイン
Wineを使って、無理やりWindowsアプリを動かしているせいか、
ログイン時だけ動きが重い

スマホ側での設定方法もWin版同様に表示
...で、LINEの画面
トークや設定もできるし、スタンプも問題なく使える
さすがにゲームは出来ねぇか(笑)

UbuntuがWindowsに負けていないということが
またひとつ証明されました ( ̄ー ̄)v イェイ
是非、お試しくだされ〜

0 件のコメント:

コメントを投稿