2014年7月3日木曜日

デモ第三弾!TR-3300M

移転に伴う透析関連装置の買い替えを検討するにあたって
透析用監視装置のデモを昨年末より各社順次行っていた

過去のデモの様子はこちら
日機装DCS-100NX
ニプロNCV-2i

しかし、東レだけ大幅に遅れておった
今年に入って新型が登場し、
いの一番にデモ機を持ってくるという約束だったのだが、
トラブルが頻発して臨床試用が見送られておったそうな

移転の時期も確定したので、
そろそろ購入機器の選定も加速させたいところ
暗に「デモできなかったら選定対象から外すよ」的な催促をしたら、
ようやくもってきてくれた(苦笑)

まずは正面
なんか、見たことあるような...
日機装、ニプロも、
最新機種のデザインは似たりよったり(笑)
側面
ポンプなどのデバイス部は斜めになっていて
操作しやすそう
背面
意外とスッキリしてるね
回路を付けてみたところ
せっかくなのでオンラインHDFの回路を組立ててみた(笑)
回路の取り回しはしやすい感じ
モニタ操作部
主要なハードキーは残してあるんだね
ポンプなどのデバイス部
スッキリまとまってるね
モニタはチルトまでOK
カプラ受けはカバー付き
これが新しいクリーンカプラ
バイパスコネクタの形状が特殊
中心が凹んでいて流路が狭くなっていて、
渦巻状に外周に向かって出入口が設けられている
接続部全体を洗えるようになってるんだね
このカプラ
バイパスコネクタやダイアライザに接続する際、
確実にハメるにはチョット、コツが必要(汗)

一見、特にインパクトのある装置ではなっかたのだが、
一つ驚いたのが、取扱説明書の厚さ!?
辞書か?と思うほどのボリューム!
全て目を通すのは大変そう(汗)
本日は搬入・設置と操作説明のみ
今日は早く帰りたかったので、
実際にイジってみるのは、明日の臨床試用までお預け(笑)
使い勝手などの詳細は後日、ご報告いたします

0 件のコメント:

コメントを投稿