2014年1月16日木曜日

デモ第二弾!NCV-2i

日機装のDCS-100NXをお借りして
お約束の1ヶ月が経過...

入れ替わるように
ニプロのNCV-2をお借りすることになった

デモ機はOn-line HDF仕様

外観はかなりスリムですな
奥行きも細くて、当院のような狭い施設には良いかもね
DCS-100NXよりもかなり細身
その代わり高さがある感じかな...
 ETRFは装置背面に...実際にはカバーが付くようです
モニターは可動式
チルトはもちろんのこと...
スイベルもOK
これは患者さんが見やすいかもね

治療画面
NCV-2i
既存機のNCV-1Sと大して変わらんね
NCV-1S
中身...
反対側撮るの忘れた(汗)
 内部は狭いが、
各パーツ配置が適正化されてるし、
引き出して作業できるので
メンテナンス性は悪くなさそう

...で、これが噂のヒートカプラ
 熱で消毒してくれるというシロモノ
カプラを外す際、強力(!?)に陰圧がかかるので液ダレしない
DCS-100NXの液ダレ防止機能よりは全然、使えますよ〜(笑)

そして透析液の採液(右)&排液(左)ポート
余液受けが不要というのが良いですな

接続口はカバーされていて...
配管洗浄・消毒時に丸ごと洗ってくれる
 これなら酒精綿とかで消毒しなくても良いよね
動脈側クランプ...
日機装でいうところのD-FASユニットみたいなものかな...
オンライン液でのプライミングは
D-FASに比べると単純明快(後日、図解説明しますね:汗)

動静脈クランプ共に
クランプ動作がインジケーターランプでわかるようになっている
血液量モニター(クリットライン or BV計の類)は
今春くらいまでにリリース予定...
ただし、ユニットは外付けになるようです

第一印象としては、使い勝手は良さげ

ただ、設定項目やユーザーインターフェースなど
旧機種からの不満を、そのまんま受け継いでいたり
どういうコンセプトか知らんが、
勝手に機能に制約をかけたりと、
開発元に「やる気あるのか?」と問いただしたいところ

この不満が解消されないようであれば、
移転時の購入候補に挙げたくないな

初回立会いしてくれたメンテ君には強く言っておいたので、
今後の対応に期待だね

0 件のコメント:

コメントを投稿