2013年12月19日木曜日

チェアのデモ第二弾

先日、デモしてもらった透析用のチェア...
デモしてもらった当初は物珍しさもあって
患者さん方は喜んでいるようにも見受けられたが、
およそ1ヶ月の間、交代で使用してもらった感想は、
燦々たるものだった...(汗)
ベッドの代わりにもなるという謳い文句で幅が広いのだが、
その割りには座の奥行きが狭いために
座位では滑り落ちそうになるし、
アームレストも短いため、
穿刺肢の置き場に苦慮する始末

カスタマイズで対応するとメーカーが言っているが、
当然、追加料金がかかるとのこと
標準仕様を変更しないと
透析施設では売れないな(苦笑)

そこで、うちの院長が
「標準的なチェアを試したい」と...

別なメーカーにお願いして
再びデモしてもらっちゃいました

透析・化学療法向けチェア「エルザ」 KA-8260G
前にデモしてもらった物よりもコンパクトなので
ただでさえ狭い当院の中でも
特に狭いスペースにも置けた(苦笑)
 あくまでも"チェア"なので、長さは若干短め
 臥位はやはり幅狭...
 でも図体のでかいオレでも問題なく横になれるくらい
 当院の特注幅狭ベッドと比較...
 大して変わらないネ(苦笑)
トレンデレンバーグ位もこの通り
前にデモしてもらった機種は
リモコン操作で臥位にしようとすると
平坦な位置では止まらず
トレンデレンバーグ位まで一気に頭が下がってしまったが、
この機体は一旦、平坦で止まり、
再度、リモコン操作するとトレンデレンバーグ位となる
(このくらいの機能は付いてないとね:苦笑)

アームレストは、
さすが透析用を謳っているだけあって
長さは十分
横スライドや高さを変えるなど
患者さん個々のニーズに合わせて可動できる
跳ね上げ式なので、横から乗り降りが楽チン
足乗せも可動式
身長に合わせて上げ下げ可能
足が痙りやすい方は上げ気味にして
足を突っ張ることもできる(笑)
リモコン(モーター)可動では、
どうしても動きが鈍いので
緊急時には手動で頭を下げることもできる
生地の滑りやすさは前のデモ機と変わらないので
カーペットの滑り止めを用意してみた
これで、タオルケットを敷いてもOKだな(笑)
透析後に数人の患者さんに座り心地を確認してもらったら
前のデモ機に比べ、クッション性が良さげ
他の機能も申し分ないとお墨付きをいただく

明日から臨床試用してみるとします

0 件のコメント:

コメントを投稿