2013年7月22日月曜日

また行ってみたいです (-_-;)タンシンフニンジャナクテネ...

夏休みはいつもの習い事に加え
学習塾の夏期講習があり、
お盆には墓参りや帰省など親の用事に付き合わされ、
空いた僅かな日にお友達と遊んでと、
今時の小学生は多忙ですな
アレモ(◎п◎; 三 ;≧人≦)ノ"コレモ...

せっかくの夏休みだというのに
それらしいことをしてあげられる暇がない

ならばと、夏休み前に一足早く
海水浴&キャンプに連れて行ってあげることにしました
8(≧▽≦)8ワーイ♫

海水浴は泊村・盃海水浴場
そう、単身赴任で1年居たあの地の近く
ヾ(-_-;)デモドリシタワケジャネェゾ

昨年の同じ時季に、単身赴任先に遊びに来た際、
娘がたいそう気に入ったらしい

北海道広しと言えど、
これほどまでに透明度が高く綺麗な海は、
この近辺しかありませんからね
天気予報は怪しかったけど一転、快晴となった当日☀
気温はやや低めだったけど、絶好のドライブ日和
早朝より出発し、4時間かけて午前中のうちに到着

早めに着いたので、そんなに人は居ないだろうと高を括っていたが
目的地の手前で渋滞が...!?
こんなど田舎に、こんな朝早くから何事?と、思ったら
何と!目的地の海水浴場では、年に1回のお祭りが催されておった
( )\_(・`д・´;;)ノ\ ドンドンガドン♪

その名も「群来祭り
地元の名産を食せる出店が立ち並び
終日、イベントも催されていた

ここに来た目的は、あくまでも海水浴
この後、別の場所で旨いものをいただく予定だったので
祭りは無視して泳ぎまくることにした ;;゜へ(*^-^)_スイスーイ
楽しんでいる間、地獄の苦しみを味わったぷりん
強烈な日差しで気温が上がってきたのに
水も苦手なので海にも入れず

花火や交通整理のホイッスルの音が大の苦手なのに
間近で「ピーッ!ピーッ!」「バンッ!バンッ!」と鳴りまくり、
ステージでは大音量でレンジャーショーまで始まる始末

隠れる場所もなく、ブロックの隙間に体を納めて
身動き一つできず待たされる ▼;×ω×;▼ドウイウコト?
気温が高いとは言え、水温はやや低め
長く浸かれず早々にギブアップの娘を尻目に
オレ一人が潜っては貝やヤドカリを採って楽しんじゃいました(笑)
写真の方は他所のお父さんです(笑)
お昼時まで遊んで、空腹が限界を超えたところで
本命の美味しい物を食べに、隣町の神恵内村へ移動

今時季、旬のネタが満載のお寿司をいただきに
巷で評判の「勝栄鮨」にやって来ました
さすが評判の店
お昼時という事もあり、すでに行列が!?
ここから2時間も待たされ、ようやく入店
注文してからさらに30分待たされる...(汗)

ここ勝栄鮨のオススメは、
新鮮なウニたっぷりのウニ丼(大)3,000円とおまかせ寿司12貫
皆、おまかせ寿司をいただきました ヾ( ´¬`)ノ_皿ヘイ!ラッシャイ
今が旬のウニ、アワビをはじめ、新鮮なネタで満載
特に1cm厚もあろうかというホタテは絶品でした
結局、食べ終わったのは15時過ぎ
直後にネタ切れということで閉店となったのでラッキー!...だったのかな?

本日のお宿...じゃなくて、キャンプ場は単身赴任の地だった
岩内町を見下ろす高台にある「いわないリゾートパークマリンビュー
入場料大人1人1,000円、子供1人500円に加え
さらにサイト料2,500円と、ちょっとお高めのキャンプ場

しかし、センターハウスの受付はホテルのフロントのようで
チェックインの対応もホテル並み
サイトも綺麗で眺めは抜群、
シャワールームなど設備も充実していたので
この料金にも納得

遅いお昼ごはんのおかげで落ちつけたのは18時過ぎ
お寿司でお腹もイッパイでBBQどころではなかったので
単身赴任の折、行きつけだったスーパーへ
消費期限間近のお惣菜が半額なる時間帯を狙って買い出しへ(笑)

酒とツマミをゲットし、サイトからの岩内の夜景と
遠く盃海水浴場の群来祭りの花火大会を肴に
一杯いただいて早々に就寝 (*≧∇≦)ノ凵゛ヤッパコレデショ

翌朝は暑さで目が覚める
サイトは日当たりがよく、朝日でテント内が急激に温度が上昇した様子
他のキャンパーさんも、早朝にも関わらず皆さん早起きでした(苦笑)

この日はカミさんのリクエストで温泉に行く事に
キャンプ場の程近くに、岩内温泉郷があるが、
カミさんの求めているのは秘湯 ♨

それならと、オレが単身赴任していた際に赴いた秘湯コレクションの中から
一番オススメの五色温泉へ連れて行ってあげることにした

途中、湯本温泉・雪秩父の隣の大湯沼へ立ち寄る
カミさんと娘は湯の花の泥を手や腕に塗ったくって大はしゃぎ(笑)
本当は顔パックもしてみたかった様子

雪秩父もイイ温泉なんだけど、今回の本命はやはり五色温泉
泉質が一番良いと、地元の方々にも評判
この露天風呂は、いつ来ても素晴らしい
何がって?雰囲気もさることながら
迎えの登山道の展望台から丸見えなんです(笑)
何も知らずに観光客が眺めにやってきます
中には写真を撮る輩も...
上のカミさんと娘と温泉旅館を写した写真が、その展望台から撮ったもの

建物の真ん中あたりが露天風呂
恥知らずなオレは、観光客に見せるように
大の字になって浸かっておった <(⌒,_ゝ⌒)>Mジカイキャク

今回の旅は娘でなくオレが楽しんでしまってるな...(汗)

そんな中、娘が最も感動したのがコレ
五色温泉に備え付けてあった、瓶コーラの自販機!?
王冠の栓を抜くための、栓抜き付き
出てきた瓶コーラを見て「どうやって開けるの?」って...
最近はペットボトルにスクリューキャップだから
栓抜き使うことって滅多にないもんね
教えてあげたら「オォーッ!」と歓喜の声をあげていた w(゚o゚)wオォー

風呂上がりは、ニセコで軽く昼食を摂り
帰路途中の仁木町でさくらんぼ狩りをしようと思ったが、
皆、ヘトヘトだったので、さくらんぼを買うだけに留め
余市のワイナリーでソフトクリームを頬張って今回の旅は終了
楽しかったのか「また行こうね」と娘
しかし、来年はもう中学生
親と一緒に歩き廻ることも少なくなるお年頃

一緒に行けるかは微妙だけど、また行きたいなぁ...
(仕事じゃなく遊びでね:汗)

0 件のコメント:

コメントを投稿