2013年1月24日木曜日

PHILIPS社製 Respironics V60を借りてみた

BreasのVivo50(チェスト)や
ResMedのStellar150(フクダ電子=「クリーンエアVELIA」)等
在宅からプチクリティカルまで
いろんな用途向けのNPPVを紹介してもらったが
担当医的には、やはり多機能が良いという結論に...
結局はPHILIPSの「Respironics V60」を所望

早速、デモ機をお借りした

まずは外観
アームにぶら下がってるのはフェイスマスク(Lサイズ)
担当医はこれが大層気に入ったご様子
自分で装着して、しばらく試して(遊んで)おりました(笑)

Servo-sと比較
架台に載っていたらサイズは大して変わりませんな
設定・操作はタッチパネルで...
モードや設定項目の名称が多少違えど
Servo-i/sと比べて特段難しいようには思わないな

本体右上にナビゲーションリングなる
センサー式ダイヤルでも操作できるが
少々馴れが必要
適応となる患者さんもいるようなので
近々、臨床試用するとのこと
さっさとNPPVのお勉強進めなきゃ(汗)

ところで加湿は必要?
鼻マスクなら不要かもしれないが、
口からの呼吸も考えたら必要なのかな?

0 件のコメント:

コメントを投稿