2012年9月12日水曜日

人工呼吸器使用者研修

医療機器安全管理責任者の責務として
「従業者に対する医療機器の安全使用のための研修の実施」
...ってのがありますよね

当院は特定機能病院ではないので
義務的には「新らしい医療機器の導入時の研修」
...ってことになるんでしょうが、
人工呼吸器などリスクの高い医療機器に関しては
年一回は行うべきと考える

医療機器安全管理責任者に任命されてから
研修の話を看護部にどう切り出そうか悩んでいたが、
人工呼吸器の使用頻度の多い病棟から
「研修会を開いて欲しい」と要望が...
「喜んで!」と二つ返事で引き受けた

...が、人工呼吸器の講義ってやったことないんだよね...
今後も他部署でもやらなきゃならんので、
講義する側としての勉強も兼ねて、
初回はプロ(メーカーさん)にお願いすることとした

タイムスケジュールは講義と実技半々程度を予定
聞き手を飽きさせないような内容でお願いした

講義は30分程度だったが、
後半、欠伸をする者が多数...最後まで持つのか?
実技...というか、実機を使った説明に
時間の大半を取られてしまい、少々心配に...

そこで講師の方が奥手とばかりに
マスクを使った人工呼吸体験を開催
苦しそうな被験者の姿が笑いを誘う
今回、用意した実機はServo-SとServo900Cの二機種
年配の方は古い方の機種に興味津々の様子

予定では罠を仕掛けた
トラブルシューティングを行う予定だったが
時間の都合上、ここで終了

最後には講師の方に質問も殺到し
オレの心配をよそに皆さん真剣に取り組んでくれていた様子

興味を削がないよう、飽きさせないように講義するって難しいですよね
次回からはオレが講師にチャレンジしてみるかな

保健所の立入検査に向けて
研修記録を写真付きで作成し保管しておくとします

0 件のコメント:

コメントを投稿