2012年8月17日金曜日

当部門の今後を考える

昨日からCRRTが始まったわけですが、
担当医から「土日も頼むな!」と... (゚Д゚;)ウゲッ!?

当院にはICUはありません
CBPの施行は病室で行っております
...なので管理するのは一般病棟の看護師さん

しかし、看護師のICU(血液浄化)経験者は見当たらないし、
最初から臨床工学技士に期待していた様子 (・ω・ノ)ノヒョエ~

現状、臨床工学技士はオレ一人なので
24時間連日拘束となる
しかも、不具合時にすぐ対応できるよう院内に泊まり込みです
いつまで続くかわからないのに、
はっきり言って無茶ですよね... ε=(-ω―;)カンガエタダケデツカレタ

この現状を打破するには選択肢は2つ
①臨床工学技士を増員してもらうか、
②看護師に教えて管理してもらうか...

①はすぐに望めるわけもなく、実績作りが必要
...なので看護師には手を出させず
臨床工学技士の存在をアピールするために
一人無茶な勤務を望んだ経緯もある (`∩´)Ωヤルゾ!

おかげで医師からの期待(信頼)は増した手応え
事務方を納得させるには
医師からも要望してもらえれば事は簡単に進むしね

しかし、定期的にある業務ではないので、
増員を納得してもらう材料としては少し厳しいかも...
だから件数(実績)を積み重ねて交渉にあたるつもり

②は毎日、担当看護師が入れ替わるシステムなので
オレが呼ばれないようになるまでには
相当の教育期間が予想される

現に昨日も入れ替わり立ち替わり
興味津々で見に来ては同じ事を聞いて去っていくのみ...
ナニコレ~o(^▽^= ゜∀゚)ノコッチハ?

勉強会の申し入れをしてみたが、
忙しくて時間が取れないと一蹴

さて、どうするかな... <(;´^`)>ウ~ン
来週は法人本部への出張もあるのに、
このままじゃ行けなくなってしまう

循環動態が落ち着いてくれたら
HighFlow-CHDFにでも切り替えて、
短時間 → あわよくば隔日 → 維持透析に移行としたいところ
さすれば少しは休めるのに...と淡い期待を抱いております

2 件のコメント:

  1. お疲れ様で御座います。

    予定がたてられなくなるのが困りものなんですよねぇ。

    不定期だけに看護師に任せるのも・・・

    難しいですよねぇ・・・ご活躍頑張って下さい!

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。
      僻地の病院にしては救急の受入れや手術件数も立派なものなので、ICUでも作ってくれれば良いのですが、人手不足で簡単ではありません。
      しばらくはアピールのためにも身を削って頑張ります(笑)

      削除