2012年7月6日金曜日

お泊りでCBP ε=(-ω―;)ヒトリダトタイヘン

昨日は一日、まったりと仕事をし、
帰宅後、これまたまったりしていたら、
珍しく病院からTELが...

うっ血性心不全で肺水腫の患者が運ばれてきたらしく
ARFだからCRRTを廻すとのこと

久々の血液浄化業務(着任後初!)
腕がなるゼェ...なんて調子のいいこと言いながら
駆け足で病院へ... ガンバルo(>`ω´<)oジョーッッ!! 

担当医が業者へ装置と材料の手配を済ませてくれていた
しかし、病院到着までは少なく見積もっても2時間はかかる 
待っている間に、呼吸も悪くなり意識レベル低下で挿管
人工呼吸器の出番も来た
久々の治療業務のてんこ盛りに テンション上がりまくり(こりゃ失敬...汗)

そこうしているうちに、ようやく業者さん到着

当院では経験のない治療なので、
当然、何の準備もされていないわけで、
慌てて医療機器の卸業者へ連絡したまでは良かったが
当然、装置と材料は持ってくるが薬品まではね...
サブラッドのような補充液が院内にあるわけもなく...

なのでCRRTでもCHDやCHFじゃなくSCUF...
つまり超ゆっくりなECUMネ
除水とともに多少なりとも電解質も補正されるから
ARFの初回導入には良いという話も聞くしネ (-」-)ホントウカ?

業者さんが気を使ってか、
プラソートiQ21なんていい機械を持ってきてもらったのに
SCUFでは自動プラが使えない
プライミングも開始も手動でやるハメに
こんなんだったらACH-10の方が良かったな
喜んで参上したはいいが、オレ一人なので当然泊まりこみ
そう言えば、どこで休めば良いの?
仮眠くらいとらせてくれるんだろうね

既に事務方は帰っていないし、
まさか夜勤の看護師さんと一緒に休むわけには... (*ノ∇)ゝイヤン

...と、いうことで不気味な閉鎖病棟に作ったME室に
これまた閉鎖病棟の奥から古めかしいソファーを持ってきて
簡易ベットを作成
夜中に誰もいな病棟を徘徊するのは、
ちょっとやそっとのお化け屋敷よりかなり怖かったっす

しばらくは連日泊まりこみを覚悟しなくてはならないだろうな
明朝、事務部長に言って、当直室でも作ってもらうとします

0 件のコメント:

コメントを投稿