2012年7月7日土曜日

一人反省会

CBPで結局、病院に2連泊もしたが、
自尿も出て腎機能回復傾向だったのでとりあえず一旦離脱、
本日ようやく解放されました (´ε`;)フゥ...

当院としては初めての血液浄化で、
経験者は(恐らく)オレだけだったため、
かなり負担を強いられた (。Д゚;≡;@o@)メガマワル~

今回の一件では反省しなきゃならないことが...

まずは前準備
いきなり「やるぞ!」と言われ、準備も万全と言われ待っていたが、
結局は足りないものだらけ
サブラッドなどの置換(透析)液は当然のことながら
院内をくまなく探してもチューブ鉗子の一つも出てこない始末

留置カテーテルの位置異常で脱血不良が頻発
何度も回路内が気泡だらけになったのだが、
気泡を除去する際に、回路と一体の圧トラ保護フィルターを
血液で詰まらせてしまった

こういう場合、フィルターの手前のチューブをチョン切って
単体の新しいフィルターを付ければ済むことだが
そんなフィルターなんかあるハズもなく...
新しい回路に交換すれば済むかもしれないが、
最低限のスペアしか持って来てないし、
高価だし、全交換になった際に足りなくなるし...
結局、故障覚悟、血液汚染覚悟で
フィルターレスで続行する始末

準備の不備で些細な事象でも大事になってしまい
大変な目に遭ってしまう
施行が決まったら、窓口は全てオレ(技士)にしてもらわないとな

こういうトラブルが度々起きると、
休む暇もないくらい呼ばれる
病棟の看護師だって初めての経験
その時々の担当者に説明したところで対処できるわけもない
だからオレが泊まったんだけどね...

ICUのない一般病棟で行う際は、
事前に勉強会でも開いて、理解を深めていただかないと、
大したトラブルでもない些細な事でも呼ばれてしまう始末

昨晩なんかほぼ1時間に1回はコール
お陰様でこの2連泊中の睡眠時間は...
ウトウトしては呼ばれたので不明です
恐らく3時間にも満たっていないと思われる

今週末は自宅に帰る予定だったが、
あまりの寝不足に長距離運転をする自信がなく断念
今日は単身赴任宅で、ゆっくり風呂でもつかった後、
冷たいビールを飲みながら自らを労うこととします
ネムイケドカンパイ...(ρ_-)/□

2 件のコメント:

  1. 先ずはお疲れ様でした〜。
    就任1ヶ月にもかかわらず凄まじい勢いで
    お仕事されていますね。流石です!
    医局の先生達は腎内に任せているから、完全に
    私に一任されています。
    しかし、先日の50万点コースの方で私が意味が無いと
    いったにもかかわらずに施行したPMX等で
    6万点の査定をくらいました。
    治療効果も大事ですが、やはり社会資源を使用する上で
    しっかりと保険も絡めて説明しなくてはなりませんねぇ。
    ゆっくりと労って下さいませ。

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。
      酔いすぎて返信できる限界かも(ウプッ)
      さらに頭に来ることもあったのでFBで限定で語っております。
      よろしければ友達リクエストください。

      削除