2012年7月4日水曜日

力足りず (*´・・`*)ツカレル...

昨日は洗い物の話だったので、
本日は拭き掃除のお話(笑)

巡回点検をしていて、よく目に付くのが
輸液&シリンジポンプの薬液付着

以前、TOP-5300
シリンジの外筒クランプの隙間から薬液が入り込んだらしく、
「CLAnP」が表示され、注入開始できなくなったことも...

一度、全台クリーニングした方が良いかも...
しかし、分解するにも保守研修受けてないしな...
外装開けて拭くくらいなら良いか!
...と、いうことで、
早速、一台ずつ「フキフキ」することにしました

まずは一番年季の入ったシリンジポンプ...
1997年購入、15年モノのTOP-5200から開始
すでに製造中止となり、
修理対応不能(部品供給停止)になっているシロモノ
添付文書どころか、取説もどこへやら(苦笑)
まずは簡単な機能と動作の確認
...と、いきなり不具合発見
早送りスイッチが効かない!?
原因の精査のため、とりあえず開けてみることに...

すると、なんと!?外装の下蓋を止めているネジが
違うもので留められているではないですか!?
誰か過去にイジった輩がいるようだ (`д´+)ドコノドイツダ!?
ちなみに汚れ具合は結構なもの
じっくり眺めてみると、あっちこっち破損もしている
蓋の爪の一方がない...
ネジでしっかり留まっていたから気づかなかったんだね
他にもクランプの部品なんかも欠けていたりした...
電源基板を外し、その下にある制御基板を拝もうかと思ったら、
基板を留めてあるネジが"バカ"になっている... 
どうやら下手くそな輩がイジッたようだ ┐( -"-)┌ヤレヤレ
なんとかネジを緩め基板を外すも、見た目は異常なし
これはメーカーかな...と思ったが、
すでに修理不能とメーカーから言われている機体
念のため聞いてはみるが、必要なら買い替えだな
力及ばずで申し訳ないっす (~~~ヾ)ポリポリ

しかし、もし修理OKとなってメーカーに出すことになったら
汚れたままじゃこっ恥ずかしいので
当初の予定通り綺麗に拭き上げましたよ □ヾ(・ω・`。) フキフキ
念入りに清拭したおかげで、半日潰れましたけどね(汗)

最初の一台目からこんな目に...
先が思いやられる ε_( ̄。 ̄;)_з

0 件のコメント:

コメントを投稿