2012年7月10日火曜日

医療機器を丸洗い!? ヽ( ゚〇゚ ; )ソンナコトヤメナサレ(汗)

昨日、修理依頼を受けた
メラサキュームMS-005(1998年購入)

症状はというと、設定値まで圧が上がらない
...というか上昇途中でいきなり抜けたように下がる
リーク警報は出てないし、回路にも見た目異常なし
よくわからないので、とりあえず開けて見ることに...
うわっ!!!汚ねぇ~ ( ▲ ;)ゲェェェ...
薬液やホコリでベッタベッタ
内側にはカビまで生えている始末
さすが23年モノ ∑\(゚д゚;)カンシンシテイルバアイジャナイ!

これはフキフキしていたら一日じゃ終わらんな...
一層のこと丸洗いできないか?
基板などの電気部品を外しにかかる
全て上手く外せた
これを丸ごとぬるま湯に浸しながら
軽く擦れば簡単に汚れが落ちまする〈(^О^)/ラックチ~ン
今後の医療機器は洗い易さ(?)も考えて作ってほしいものだな(笑)

ちなみに不具合の原因はこれ
エアポンプとドレーンボトルの間のチューブが折れておった...
いつの間になったんだろう? (+ +)フシギダ...?
ポンプヘッドを捻ることで、調整できる?
本当に引っ込めて良いんだろうか?
エアポンプを開けて中を覗いてみた
ポンプの構造はいたって簡単
コイルと極性の違う2つの磁石を使ったもの
コイルから磁場の変動により左右交互に振れるというシロもの
小学校の時の理科の実験にあったような...

先ほどのポンプヘッドを捻ることで
磁石とコイルの距離も変わってしまいます
距離が変わるとどうなるんだっけ?
よく思い出せないので、そのまま組み立てて試運転...
問題なく動きました

あとは破損部位を瞬間接着剤やテープで補強し返却
随分ときれいになったので、
皆さん驚いてくれるかな? e(`ヘ´)9ドウダ!

0 件のコメント:

コメントを投稿