2011年3月12日土曜日

東日本大震災!3

秋田県にいる親戚と連絡が取れません。
報道で見る限り、停電以外の被害の報告はないようですが心配です

実はこの親戚の家、二十数年前に起きた日本海中部地震の時に
家が大きく傾き、TVで何度も映されておりました
当時、この一家には人的被害はなく、安心した記憶があります

しかし、今回は昨晩より一向に連絡が取れず、
家長の叔父はかなりの高齢で持病もちなので心配です

災害伝言ダイヤル使ってみましたが、秋田県は対象地域ではないようです
北海道に住む別の親戚も、何度も連絡を試みているようなので、
現在は、こちらからの報告待ちです

時間が経つにつれて人的被害が拡大しているようです
亡くなられた方は昨日は100人未満だったのに、
今朝、起きてTVをつけてみると死者・行方不明者1,000人以上
それから時間を追うごとに百人単位で増えていく・・・

とある海岸には2〜300人程の遺体が打ち上げられている
大津波が押し寄せ街を飲み込む映像が流され
原子力発電所で放射能漏れ&爆発
目の前で家と父親が流され、涙ながらに自分の学校に避難してきた小学生の話
未だに家族の消息がわからない人達
身震いするような情報が次々と報道されております

そんな中、救援の手も差し伸べられているようです
自衛隊が2万人から5万人体制へ増員
米海軍が空母など多数の艦船を派遣
ニューヨークでは救援基金が立ち上がったり
北海道からも旭川赤十字病院のドクターヘリが派遣されたりと
国の内外、地域問わずあらゆる援助が動いているようです

いつもブログ拝読させていただいている「ともにゃんの生態」の管理人殿は
DMAT隊で派遣されるかもしれないとおっしゃっていました
臨床工学技士のひとりごと」の管理人さんの勤務施設は被災地近くのようで、
難渋されているようです
他の皆さんは大丈夫ですか?

オレは・・・何もできない自分に歯痒さを覚えております

0 件のコメント:

コメントを投稿