2011年2月5日土曜日

いよいよハゲと白髪が治せる時代到来?

以下m3.comの記事より抜粋

「脱毛、白髪の仕組み解明 幹細胞にコラーゲン不可欠」
2011年2月4日 提供:共同通信社

毛根で「17型コラーゲン」というタンパク質が不足すると、脱毛と白髪の両方の原因となることをマウスの研究で突き止めたと、西村栄美(にしむら・えみ)東京医科歯科大教授(幹細胞医学)らが4日付米科学誌に発表した。

西村教授は「頭皮でこのコラーゲンが作られるような薬を開発すると、一部の脱毛や白髪を治療できる可能性がある」としている。

髪の毛と黒い色のもとは、毛根に貯蔵されている毛包幹細胞と色素幹細胞。毛が再生産される際に使われる。

西村教授らによると、17型コラーゲンの働きで毛包幹細胞が枯渇せず脱毛を防いでいることが判明。このコラーゲンは、毛包幹細胞が「TGFベータ」というタンパク質を作るのにも不可欠で、このタンパク質の働きで色素幹細胞がなくなってしまわないことも分かったという。

マウスは通常、生後約2年で老化し脱毛や白髪が起きるが、遺伝子操作で17型コラーゲンができないようにしたマウスでは、半年以内に白髪が目立つようになり、約10カ月で全身の毛が抜けた。TGFベータも作られていなかった。

さらに人間の17型コラーゲンを作るよう遺伝子操作すると、再び毛包と色素の両方の幹細胞ができ、脱毛と白髪を抑えられた。

TGFベータができても、色素幹細胞側で受け取れないように遺伝子操作をすると白髪になった。

北海道大、金沢大との共同研究。

※米科学誌はセル・ステム・セル



ハゲの原因突き止めたんなら早く特効薬作っておくれよ!
もう何年も待てないっす

0 件のコメント:

コメントを投稿