2010年8月24日火曜日

ようやくこぎつけた (-Д-\)

今頃?と言われるかも知れんが、
ようやく「透析液水質確保加算」の申請手続した

遅れていた機器整備も目処が立ち、
先日受講した「透析液安全管理責任者セミナー」の
受講証明書がようやく送られてきたので、
このタイミングとなった次第
たかが10点、されど10点
うちの患者数からすると年間およそ100万円の増収

しかし、管理はいままで以上に厳しくしないと、
保健所の立入検査で細かいところまで突っ込まれそう

一番の問題は、エセon-line HDF
とりあえず全て中止とし、
適応患者を絞って唯一の専用装置で行うことは決定している
他の患者は内部濾過の多そうなダイアライザーでHD
APS-EXを取り寄せている最中
製造数が少ないらしく、暫くの間は納品数が制限されそう

今のうちにエセon-line HDFのデータ取っといて
APS-EXでのHDと比較でもしてみるとします

0 件のコメント:

コメントを投稿