2010年11月11日木曜日

痛〜いっ Σ(☆△≦;)グッオゥ!

本日、甲状腺の検査のため旭川医科大学病院へ
検査目的はエコー下での甲状腺穿刺吸引細胞診
十数年前にやったときはロカールしてもらったにも関わらず、
後々も痛かった記憶が・・・今回は如何に?


今日は予約済みだったので待たされることはないのだが、
半日休もらっていたので早めに病院入り
前回、行った時に気になっていた地下の「病院食堂」で昼食を済ませる
「ソースカツ丼」は¥550と格安だが、
予想より盛が多く、味も格別でした (^~^)ψウマイ♥
次に訪れる際のためにメニューを物色
今度はラーメン(¥450)を頼んでみることとします

腹ごしらえを済ませた時点でちょうど良い時間に・・・
受付を済ませ検査室の前で待機
30分もしないうちに呼ばれました (^-^)g"グゥ〜ッド

検査室は先生お1人の様子
穿刺吸引の筈だが、器材が何一つ用意されていない
まずはエコーで診てみるだけということらしい
プローブを押し当てられると圧痛がある
奥の方に硬いシコリがあるような感覚

本来の目的は左甲状腺だけだったのだが
左を一通り診終わった後、右にもプローブを押し当てられる
「そんなところにはねぇよ!」と高を括っていたオレ
しかし、先生の「右にもあるねぇ」の一言でびっくり (Oдo;)エッ?

イヨイヨ次は穿刺
「準備があるので外で待っててください」と検査室を追い出される
目の前の廊下で待っていると、
若い医師(研修医?)らしき二人が駆け足で検査室に入っていった
ここは大学病院・・・嫌な予感が・・・ (-""-;)マサカ…

次に呼ばれて検査室に入ると、
御3名様の医師がやる気満々でお待ちになっておった! ε=(`ヘ´)ヘイ!ラッシャイ
左右2回ずつ計4回刺す旨説明を受け、覚悟を決め診察台へ

顔の近くでの処置だったので、目を開けて成り行きを見ることもできず、
聞こえてくる会話から想像するに「ロカール」はないらしい ( ̄o ̄;)イタイノカァ…

穿刺はまず最初に診察してくれたベテラン医師が施行
その後、若手の先生に何度か変わった様子(予感的中!)
痛くなかったのは最初の1発目だけ
一番痛かったのはベテラン医師の3回目 Σ(>△〇)ノノギエッ☆
しかも、線維化した硬い部分にチャレンジしたらしく、
痛いわ、吸引できないわで3度ほど追加穿刺され計7回となった

検査を担当していただいた先生曰く
「悪性・良性に関わらず大きさから察するに切除した方が良いかも」と・・・
詳しくは次回診察で明らかになるであろう (;-_-;)ドキドキ

0 件のコメント:

コメントを投稿